• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ベトナム

,

奇病

,

手術

,

民間療法

,

病院

,

陥没

,

顔面

※3頁目に衝撃的な画像と動画を掲載しています。苦手な方は文章のみお楽しみください。


UtterAgony.jpg
画像は「YouTube」より引用

 世界には、私たちの想像を絶するほどの苦難を抱えながらも、決して希望を捨てず日々たくましく生きる人々が存在する。今回紹介するのは、そのような人々の中でも「原因が分からず」「顔面が侵食されてゆく」という、まさに地獄の恐怖と苦しみを味わっているベトナム人男性の話題だ。

 ホーチミンに暮らすフイン・バン・ダットさん(51)の悪夢は、今から11年前の2004年に突如として始まった。ある時を境として1日に3、4回も鼻血が出るようになったのだ。当初は現地の民間療法に頼るも、症状にまったく変化は見られない。それどころか、さらに絶えず涙も流れるようになり、これは何かがおかしいと市内のホアホア病院に駆け込むと、医師たちは「鼻中隔湾曲症」と診断、すぐに手術が施されたという。しかし、それでも症状は悪化の一途を辿り、1年後には飲んだ水が口から鼻へと流れるようになっていた。そう、フイン・バン・ダットさんの口蓋(口腔と鼻腔を分離する口腔上壁)には、大きな穴が空いてしまったのだ。

 そして異変は加速する。その後、数カ月をかけて穴はどんどん巨大化、上顎や鼻、頬と耳、さらに目までもが侵食され、肉が壊疽しはじめた。困惑する医師たちは、さらに別の手術によって症状が改善に向かう可能性を指摘するも、フイン・バン・ダットさんの一家には、それを受け入れるだけの余裕がなかった。やむを得ず彼は退院、自宅での終わりの見えない療養生活に突入した。

 容赦なく進行する謎の症状により、発症から10年以上が過ぎた今、フイン・バン・ダットさんの顔面には巨大なクレーター状の窪みが形成されてしまった。すでに口や鼻は完全に失われて目も失明、耳は微かに聞こえ、わずかながら声を発し、食事も喉を通るが、生きていることが不思議なほどの凄惨な状態にある。全身は痩せこけ、壊疽した顔面からは悪臭も放っているが、本人と家族は希望を捨てずに必死で日々を生き抜いているようだ。妻のフイン・ティ・チエウさん(51)は、次のように語っている。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年10月20日 00:38 | 返信

きも
はくわ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。