>  > 理解不能!! 狂気の「獣姦事件トップ11」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 世の中には変わった性的嗜好を持つ人々が存在する。多くの動物がこのような変わった指向を持つ人々の犠牲者となっていることをご存じだろうか。

■獣姦犯罪者トップ11

1、ヤギと性交 キッツアオ・ガナ(Kitsao Gona)

 ケニアに住むキッツアオ・ガナ(28歳)は、ヤギとセックスをしていた罪で捕えられた。そして裁判では裁判所に連れてこられた「被害者」と顔を合わせる羽目になった。年取ったメスヤギは治安判事に証拠として示され、ガナが獣姦の罪を認め10年間の刑務所行きを宣告されるのを静かに見物した。ケニアのメディアによると、裁判で動物が証拠として提示されるのは非常に珍しいという。

11zoophilias1.JPG
キッツアオ・ガナ 画像は「YouTube」より


2、 ピットブルと性交 バーナード・マーソネック(Bernard Marsonek)

 報道によれば、フロリダ州に住むマーソネック(58歳)は自宅の庭でピットブルとセックスをしているところを隣人に目撃された。マーソネックは銃器所持罪、動物虐待、動物への性的行為によって逮捕された。

11zoophilias2.JPG
バーナード・マーソネック 「Mirror」の記事より


3、牛と性交 リード・フォンテーン(Reid Fontaine)とマイケル・ジョーンズ(Michael Jones)

 ニューヨーク州にある小学校のIT部門で働いていたフォンテーン(33歳)は、牛との性行為を友人のジョーンズに撮影させていた。牧場主はなぜか乳牛が神経質になりミルクを出さなくなったことに不審を抱き、カメラを設置。この男たちのトンデモナイ行為に気づいたという。

11zoophilias3.JPG
リード・フォンテーン(右)とマイケル・ジョーンズ(左) 画像は「YouTube」より
人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

コメント

4:匿名2018年3月13日 16:14 | 返信

牛のまむまむはほんとエロいらしいが・・・
でも欲情するかなぁ?

3:匿名2015年9月28日 07:10 | 返信

#1馬鹿なのか?カモとか普通だろ

2:匿名2015年9月28日 07:07 | 返信

#1馬鹿なのか?日本でも、ニワトリとかしてるだろ

1:匿名2015年9月27日 02:40 | 返信

カモまでw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。