>  > つんく♂ハロプロ降板の真相!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
tsunku_01_150415.jpg
「つんく♂オフィシャルサイト」より


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 先日、つんく♂が喉頭癌の闘病エッセイ『だから、生きる。』(新潮社)のなかで、実はすでにハロー!プロジェクトの総合プロデューサーを降りていた事実を告白し話題となっている。

 各ネットニュースなどでは〈最初に喉頭がんが見つかったのは2014年2月のことで、当時は発覚前だったが、つんく♂さんはこの頃から喉の不調を強く感じていた。そのため、会長が休養を取ることを勧めたという〉(2015年9月9日「J-CASTニュース」)や、〈当時は喉頭がんの発覚前だったが、のどの調子が悪かったため、会長が休養を取ることを勧めた〉(15年9月9日「産経ニュース」)など、いかにもアップフロントグループ会長の山崎直樹氏がつんく♂の体調を慮って進退を提言したかのように書かれているが、実情はまったく違うようだ。

 つんく♂は、体調と関係なく、山崎会長に「切られた」可能性が高い。

 まず、先に引用した両ニュースも書いているが、山崎会長が進退に関する話を切り出したのは、まだ喉の不調が癌であると発覚する前。正確には13年の秋のことだったという(癌が発覚するのは14年2月)。

 13年の秋というと、振り返ってみれば、つんく♂自身はシャ乱Q25周年記念ライブツアーを成功させ、プロデュースワークでもモーニング娘。は両A面シングル「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」で現在に連なるEDM路線を完全に確立、℃-uteは初の日本武道館公演を成功させるなど、「ハロプロ復権」の狼煙が上がっている時期であった。確かに、彼の喉の不調はファンの間でも噂されてはいたものの、とても「総合プロデューサーを降りたらどうか」という提案がなされるような時期だとは思えない。

 実際、つんく♂は山崎会長から提案を受けたとき激しく抵抗している。長くなるが、『だから、生きる。』のなかで、そのときの心情を赤裸々に告白しているので引いてみたい。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。