• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

NASA

,

地球外生命体

,

宇宙人

,

火星

ThinkstockPhotos-177814992.jpg

 9月28日(米国時間)、NASA火星の地表に「塩を含む水」が現在進行形で流れている可能性がある証拠を発表した。過去、火星にが流れていた痕跡は指摘されてきたが、現在も水が流れていることが示されたのは初めてである。ちなみに、火星の気温は平均マイナス50度で、夏でもマイナス20度らしいが、液体の水が発見された理由は、高濃度の塩分のおかげで液体が凍る温度が下がったからだという。

 現在も水が流れていることが発表されたことで「地球外生命体が存在する可能性が高まった」とする見方が多いようだが、宇宙を研究している人物X氏はこう語る。

「火星に水がある可能性は以前から指摘されていましたので、この発表に驚かなかった研究者は正直多いはずです」

「水が存在したことで、地球外生命体がいる可能性が高まったのは言うまでもありませんが、そもそも地球外生命体がいない方がおかしいと思っている研究者は多い。現に、高感度の生命顕微鏡を使用して、物質に液体をかけ、生命反応があるかないかをテストする研究も進んでいます。むしろ問題なのは『生命とはなにか?』を考えることにあるでしょう。一般的に、生命活動とは、自分でエネルギーを取得して再生していくものを指しますが、果たしてそれが『生命の定義』だと結論づけていいのでしょうか。そもそも生命はどうやって誕生したのでしょう? 生命の起源は誰にもわからない。というよりも、そもそも宇宙に『生命』があふれていて、普遍的に存在している可能性があるならば、生命の誕生を暴くことに意味がなくなるのです」

関連キーワード

NASA

コメント

2:匿名2015年9月29日 18:25 | 返信

ある程度水深があればいいんだよね?、ちっちゃなタコちゃん希望します(^^

1:匿名2015年9月29日 16:48 | 返信

火星表面の最大の問題は「放射線」。1日0.67ミリシーベルト被爆します。ちなみに地球上での被爆量は年間0.48ミリシーベルト。つまり火星に1日いるだけで、地球での年間被爆量を超えます。地球のバンアレン帯の様な磁気圏がないので苛酷な放射線に直接晒されます。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。