>  > 峯岸みなみをちょっと好きになる男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

AKB48

,

加藤宏和

,

峯岸みなみ

――芸能記者兼・テレビウォッチャー加藤が「なんかヘンだよ、この芸能人。このテレビ番組、ちょっとアレじゃない?」と感じた時に書くボヤキコラム

0903minegishi_main.jpg
※イメージ画像:『婦人公論 2013年5月7日号』中央公論新社

 9月23日放送の『淳・ぱるるの○○バイト!』(フジテレビ系)に、喘息治療中の島崎遥香の代役として峯岸みなみが出演した。田村淳が「峯岸はどこに行こうとしてんの? AKBのバラエティ番長で行くの?」と話を振ると、峯岸は、「そんなことないです。迷ってます」とうつむく。さらに淳が、「番組の人とかは、『居れば助かるわ』ってなるのにね。それじゃ嫌なの?」と言及すると、峯岸は自分が代役で来ているということを前提に、「じゃあ、なんで私がここじゃないのかってことになるじゃないですか。だから私は所詮、都合のいい女なんですよ」と自己分析し、スタッフの笑いを誘っていた。

 峯岸はAKB48のオープニングメンバーとして、2005年のデビュー公演でステージに立った。メンバー内ではトーク力に定評があり、プロデューサーの秋元康からも「20年後、30年後も芸能界で活躍している」というお墨付きをもらい、活躍していた。しかし、2013年2月7日号「週刊文春」(文藝春秋)に男性との“お泊まり”を報道されると、『YouTube』で丸刈りになり謝罪する動画を投稿し、国内外から批判を浴びる一大騒動にまで発展した。

 この騒動で影を落とすが、2013年11月16日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で剛力彩芽の楽曲「友達より大事な人」をキレキレのダンスでモノマネをして見せたことで息を吹き返す。

 AKBで初期メンバーから残っているのは、現在22歳の峯岸以外に、小嶋陽菜と高橋みなみ(2015年末卒業予定)だけである。長年続けていればそれなりの人気があってもおかしくないはずだが、AKB総選挙の順位は第1回から、16位、14位、15位、14位、18位、22位、19位と初期から屋台骨を支えてきた割りには、いずれも微妙な数字が並ぶ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。