>  > 月収100万?ネット風俗の世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
netfuzoku_151004.jpg
『ネット風俗嬢』(中山美里/泰文堂)

「おっぱい見せて」「おしり見せて」、あっという間に集まってきた何百人の男性のリクエストに応じて、ランジェリー姿の女性はなまめかしく身体を動かしはじめる。過激なポーズ目当てにますます集まってくる過熱した男性たちを前に、やがて、全裸になった女性はパフォーマンスのクライマックスとなる、オナニーをはじめる。透明で男性器の形をしたアダルトグッズ(ディルド)を女性器に差し込み、カメラのレンズを当てると、透明のアクリル越しに膣内が丸見えに。モニターには放射状に粘膜の映像が広がる──。
 
 これは現在、ユーザーを増やしている「アダルトチャット」の世界の一場面だ。その多くはFC2やDMMライブチャットといった大手のライブチャット上で、配信者の女性(ネット風俗嬢)がメイド、女子高生、人妻などの設定で、チャットをしながらセクシーな動画を配信する。ネット風俗嬢が一人でストリップやオナニーなどを複数のユーザーに見せるのが一般的なパフォーマンスだが、なかには、動画に男性も登場し本番セックスまで行うものもあるという。場合によってはほんの2時間で20万円を稼ぐことができ、週に2~3回で月収100万円にもなることがあるらしい。

 配信者側(ネット風俗嬢もしくは所属する風俗店)が価格帯を設定するが、チャットなしで動画を見るだけであれば無料のケースもある。チャットがくわわれば、1時間あたり6000~9000円がかかり、風俗産業でいえばピンサロや格安ヘルス、平均的なキャバクラと同価格帯になる。しかし、男性ユーザーにしてみれば、家にいながらにして風俗体験ができるという自由度がウケているようだ。

 ネット風俗嬢側も、最初はただチャットするだけ、という気軽な気持ちでネット風俗に飛び込むことがあるらしい。『ネット風俗嬢』(中山美里/泰文堂)では、そんなネット風俗嬢のリアルな声が紹介されている。

 東京都下に在住の19歳の女性は、「東京に出るには少々時間のかかる場所の上、実家住まいのため夜遅くなりすぎることもできない。しかし、バレてしまう可能性のある地元の風俗で働くこともできない」と常設式のチャットルームで働き始めた。

「大学を中退してしまったのですが、やっぱり入り直したいと思い、お金を貯めたくてこの世界に入りました。今、だいたい日給が1万5000円~2万円くらいで、時給が3000円ちょっとくらいですかね。地元のキャバクラだと、正直こんなに稼げないですね」(19歳の女性)

 彼女は男性経験は一人ながらも、ネット風俗をそつなくこなしているという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。