>  > 男の娘AV女優が語るギャップと共感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
bokurashiku_151021.jpg
『ボクらしく。』(マイウェイ出版)

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 性転換手術などは受けておらず、タマもサオもある。女性ホルモン投与もしていないし、豊胸手術もしていない、「男性」だけれども、AV「女優」。しかも、及川奈央をはじめ伝説的な女優も在籍し、現在でも友田彩也香・桜井あゆなど人気女優が在籍する大手AVメーカー「KMP」で専属AV女優契約をしていた「男」がいる。

 いわゆる「男の娘」ムーブメントに関心を持つ者であれば知らぬ者はいない存在、大島薫である。顔・所作・ファッションは「女」。でも、カラダは「男」。そんな大島薫というAV女優はいかにして誕生したのか? その魅力とは何なのか? 先ごろ出版された、大島薫『ボクらしく。』(マイウェイ出版)を読みながら、男の娘AVという奥深い世界をご紹介していきたい。

 大島がAVにおいて大事にしていたのは「かわいい顔におちんちんが付いている」という「ギャップ」であるという。これは大島が女装に興味をもったきっかけである、同人作家の「ふたなり」絵、そのなかでも特にお気に入りだった絵師「じんじん」の画風の特徴であった。大島はその絵の「美しい女性の顔に、女性的な身体のライン、そこに不釣り合いな禍々しいほどの男性器」という「違和感」に魅せられていく。彼はおちんちん系AVについて『ボクらしく。』のなかでこんなことを語っている。

〈ボクはもともと、アニメや漫画の男の娘が好きでした(中略)やはりこのジャンルの醍醐味は、可愛い顔におちんちんが付いているというギャップですよね。
 しかし、これはフィクションだからできることであって、現実には女の子と見間違えるほどの美少年はいません。ずっとAV業界でこの手のジャンルは「ニューハーフ」と呼ばれる人たちが、男の娘という名前でまかり通っていました。
 ここでいうニューハーフさんとは、女性ホルモンや去勢手術により、身体を女性に近づけている人たちのことです。そういった方はかなり女性寄りの身体つきや、顔立ちをしているのですが、どうしても勃起力が弱くなります。かといって、男性のままの女装男子では、どうしても見た目のクオリティーが伴わない……。
 女装男子・男の娘・ニューハーフにしても、結局のところみんな「女の子のような可愛い顔に、でっかいおちんちん」が見たいのです。男らしい顔・身体に、男性器がついていても、「それは男なんだから当たり前でしょ?」といった感じで、あまりギャップはありませんし、女の子みたいな顔と身体に、小さなおちんちんがちょこんと付いていても、ちょっと大きなクリトリスといった印象で、十分なギャップを感じられません。
 ボクがAVに出演する際は、ここにかなり気を使ったと思います〉

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。