>  > 選挙シーズンになると“意外な”動きを見せるアノ宗教家芸人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

創価学会

,

吉沢ひかる

,

宗教

,

芸能界

0924shuukyou_main.jpg

 信教の自由があるため、芸能界にも宗教に加入しているタレントは数多くいる。これ自体は何ら悪いことではない。だが、気になるのは他の業界人に対し、自らが加入している宗教への“お誘い”を行っているのか、ということだ。果たして業界内では、どのような動きがあるのか。関係者にぶっちゃけてもらった。

「熱心な方なら宗教に誘うこともあるかもしれませんが、少なくとも自分は皆無です。宗教にどっぷりハマっている方々とも仕事しますが、飲みに行ったとしても、入信を誘われたことはありません」(テレビ番組関係者)

 冒頭から否定されてしまったが、業界にも多いと言われる創価学会信者であっても同様なのだろうか。

「学会で言えば、今やH.Mさんが熱心な活動をしている事実は誰もが知っていますが、彼女も入信を誘うことはありませんよ。ただし、選挙のときの動きで言えば、確かに独特のものはありますね」(同)

 選挙のときの動き、とは一体?

「ご存知のように公明党の支持母体は創価学会です。Hさんは街頭演説にも出るなど、かなり公に動いていますが、選挙が近づくと業界関係者にも投票所に行くよう呼びかけるのは、もはや恒例になっています。普段は参加しないスタッフの飲み会にも参加し、促していますね。さらに、スタッフの知り合いなどにも電話をかけてもらい、Hさんが電話に代わるんです。若手スタッフなどはHさんと口もきいたことがない人間ばかりですから、内容はアレにしても、直接話せることに喜んでいます」(同)

 スタッフの知り合いにまで電話をかけるとは、かなりの力の入れようだが、選挙シーズンともなると出演番組にも変化が出てくるという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。