>  >  > 現場で“本当に”嫌われている「嫌われ芸能人」は誰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
0928kinoshita_main.jpg
※イメージ画像:『ユキナ飯。』(講談社)

 SNSが一般に普及している世の中になり、その言動が原因でネット上で嫌われる芸能人が多くなった。具体例を挙げれば、辻希美、木下優樹菜、ウーマンラッシュアワー・村本大輔などだろう。

 彼らが嫌われる事情はさておき、素朴な疑問として、彼らは業界内でも嫌われているのかが気になった。そこで、業界関係者が彼らをどのように評価しているのか、さらに本当に嫌いな芸能人は誰なのかを聞いて回った。

「木下さんや村本さんはテレビ上のキャラは別として、オフの場面ではとにかく礼儀正しいですよ。敬語の使い方や立ち居振る舞いもしっかりしていて、そこらへんにいる若者よりは教育されている感じです。テレビのキャラやネット上での発言は、あくまでもタレントとしてのキャラだと思います」(番組制作会社スタッフ)

 ふたりは現場では嫌われていないとのことだが、ほかにもこんな意見も聞かれた。

「ウーマンの村本さんは、ネット上ではこれでもかというほどに嫌われていますが、現場ではそうじゃないですよ。本当に嫌われると徐々に出番がなくなるのが、この世界の常ですから、本心はさておき、現場ではイイ人ですね」(放送作家)

 それでは、残るひとりの辻希美に関してはどうなのだろうか。

「彼女は、皆さんが見ているまんまですね。空気が読めない発言も多くて、現場スタッフの失笑を買うこともあります。でも、そんなレベルのタレントさんはゴロゴロしていますので、ネットで嫌われているほど現場では嫌われていませんよ」(テレビ番組関係者)

 三者三様に、現場ではさほど嫌われていないということだが、それではここに名前が挙がっていないタレントの中で嫌われている人物はいるのだろうか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。