>  >  > 都市伝説・暴走トラック姉ちゃん「ころがし女」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

traveling編集部

,

売春婦

,

都市伝説

ThinkstockPhotos-179269268.jpg

 その昔、X県内の高速道路サービスエリア内で“売春をしているトラックの女性運転手がいる”との噂があった。しかし、その女性は実は…。

■トラック運転手Aさんの体験談

 X県内の某高速道路サービスエリア内でトラックを止めて仮眠中だったトラックドライバー・Aさん(30歳)は、窓ガラスを軽くたたく音で目を覚ました。眠い目をこすりながら、ドアの外を見ると顔半分が前髪で隠れるほどの黒髪ロングヘアーの女性が立っていたという。

 Aさんが窓を開け、何事かと聞いてみたところ、

「口だけで3000円だけど?」

 と、告げられた。どうやら、口淫だけしている売春婦らしい。

 Aさんは10年近くトラックの運転手をしていたが、サービスエリア内で売春婦に会うなんてことは初めてのことだった。運転手仲間たちとする笑い話のネタにでもなればと考え、その女性を大型トラックの助手席に招き入れることにした。

 女性は30歳前後に見え、身長はAさんとほぼ同じの160センチ程度。かなりの細身だが黒いセーターの上からでも豊満な胸元が確認できた。交渉が成立するやいなや、女性はミニスカートをはいていることも気にせず、トラックの助手席に駆け上がった。すると、会話もなく流れ作業的に運転席に座っていたAさんのズボンのベルトを外し、

「腰を浮かせて」

 と言い、ひと思いにズボンとトランクスを足首まで引っ張り下げた。

 そして、ためらいもせずにいきなりAさんの股間に頭をうずめイチモツを咥えはじめた。女性の舌がタコのようにAさんの局部を這いずりまわる…。あまりの気持ちよさにAさんは思わず女性の頭に手をやる。そして、どんな顔をしてフェラをしているのか、見てやろうと、長い前髪で隠れていた左側をかきあげた。その瞬間…、

「あっ」

 思わずAさんは声をあげ、腰を引いてしまった。女の左ほほにクルミ大の穴が空いていたのだ。穴の向こうには女の白い歯が見える。

 すると女はニヤリと笑って助手席のドアを開けることなく、スーッと消えていった。

関連キーワード

コメント

2:匿名2015年10月 4日 23:16 | 返信

結局Aさんは、金払ってないんだよな。

1:匿名永原清喜2015年10月 4日 19:02 | 返信

羨ましい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?