>  >  > 口が閉じたまま生まれた女の子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 アメジスト・サントスちゃんは、「口腔顎肢発育不全症候群(oromandibular limb hypogenesis syndrome)」という障がいを持って生まれた。彼女がフィリピンのマニラで生まれた時、彼女の下顎はほとんどなく、口がぴったりと閉じており、また手足の先端部分も欠けていた。なのでアメジストちゃんは、生まれてからずっと鼻に通した管で栄養分を摂取しており、3歳になる現在まで1度も食物を口にしたことがない。また口が開かないために話もできないのだ……。


■50万人に1人の「口腔顎肢発育不全症候群」とは?

「口腔顎肢発育不全症候群」は、50万人に1人の確率で起きる。胎児の時に何らかの問題が発生し、身体の形成不全を引き起こすと考えられている。

 母親のエストレージャさんによるとアメジストちゃんの妊娠中はずっと出血が止まらず、妊娠5カ月目に胎児に問題があることがわかったと話す。そしてアメジストちゃんが誕生した時、エストレージャさんは「神様、私はどうやってこの子を育てたらいいのですか?」と泣き続けたと言う。

 生まれて数日後、アメジストちゃんはフィリピン・チルドレンズ・メディカルセンターの整形外科部長であるタップ・グランゴ医師のケアを受けることになった。グランゴ医師は、「初めて我々がアメジストちゃんに会った時、一番の懸念は栄養でした」と語る。そしてまず彼女の鼻から管を入れ、栄養を確保。退院後は、父親のローランドさんが管を使って娘に栄養を与えるやり方を学んだ。

oromandibular1.JPG
画像は「YouTube」より

 アメジストちゃんは両親と2人の姉の愛によって目覚ましい成長を遂げた。口はきけないが、よく動き回る元気な女の子に育っているという。「私は子どもたち全員を愛していますが、アメジストへの愛は少し違っています。できることなら、私は彼女が望んでいるすべてを喜んで与えます」とエストレージャさんは話す。

 一方、グランゴ医師は「彼らはとても信心深く、アメジストちゃんを喜んで受け入れました。アメジストちゃんは障がいにも関わらず、ハッピーな子です」とアメジストちゃんの家族について話す。口はきけないが、アメジストちゃんはよく微笑みを浮かべるということだ。

 手術の際は口底部と唇を切開して分離し、上下の顎をこじ開けなければならず、かなり複雑になるとグランゴ医師は予測していた。そして手術には多くの出血が伴う上、きわめてレアなケースであるため、医学誌にも助けになるような情報はほとんど無かったと話す。そのため、彼女の小さな体が手術に耐えられると確信するまで3年間待ったのだった。

コメント

2:匿名2016年2月24日 15:46 | 返信

俺もスマホからだけど
確認のページは
別に何も被らなかったよ?
ただ時たまページを進める時に
一瞬だけ確認のページが出て
もとに戻る
只、それだけww

1:匿名2016年2月16日 23:16 | 返信

スマホからだけど、
閲覧yes noの選択肢にヤフーの広告被せるのやめーや!
一回間違えてクリックしただけでヤフーアプリのページがウイルス並みに立ち上がってくるので発狂寸前になったわ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?