>  >  > 板野友美、中国映画で主演決定も「演技できたっけ?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

AKB48

,

アイドル

,

映画

,

板野友美

0930itano_main.jpg
※イメージ画像:『Tomomi Itano 10th ANNIVERSARY PHOTO BOOK Luv U』(主婦と生活社)

 元・AKB48の板野友美が中国の映画『雨衣』にて、主演を務めると報じられた。2013年8月にグループを卒業して以降、歌手やモデルとしての活動を中心に行っていた板野だが、かねてより女優業へ進出したいと目標を語っており、先日、2016年春に公開予定のホラー映画『のぞきめ』に主演することが発表されたばかりだ。このように、彼女の願望は徐々に現実のものとなってはいるものの、周囲の評判は芳しくないようだ。

 板野が主演を務める映画『雨衣(レインコート)』は、台湾・香港・中国などで話題となった同名のベストセラー小説が原作。板野は、中国に留学する日本人学生を演じ、台湾の歌手で俳優のディノ・リーと共演する。同作の撮影は8月から開始されており、主演のふたりは言葉の壁があるものの、通訳を介してコミュニケーションを図り、空き時間には一緒に食事をするほどの仲になっているという。同作は、来年春に中国、その後日本での公開も視野に入れられているそうだ。

 一方、日本でもドラマなどに出演している板野だが、かねてより演技力に対して、疑問符を掲げるネットユーザーたちも多く、今回の中国映画初主演に対しても、

「外国でも笑い物になるのか」
「思い出づくり頑張ってね」
「この人の全てがギャグ」
「っていうかこの人、演技できたっけ?」

 と、批判的なコメントが散見された。

「もとより板野はあまり演技に定評がないうえ、特別スタイルがいいわけでも、人目を引く容姿をしているわけでもないです。しかし、板野はAKB48時代から中国では人気が高かったとも言われています。ソロになったあと日本での人気はジリ貧なため、今後はアジア圏での活動を増やしつつ、ファンの絶対数の拡大を狙っているのではないしょうか」(芸能ライター)

 板野は徐々にアジア圏へと活動の場を広げ始めている。今年の1月には台湾で彼女とツーショット撮影ができるイベントが開催され、3月には「VOGUE taiwan」に登場。さらに7月には台湾の人気男性誌「FHM男人幇」のグラビアに水着姿を披露するなどしていた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。