• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

連載:笹公人のワクワクするオカルタンカ~言霊念力トレーニング~

(今回もこりずに対談形式)

kanta_big-thumbnail2.jpg
画像:笹師範とカンタくん
イラスト・杉木ヤスコ

笹公人師範(以下、笹師範): おひさしぶりです!

カンタくん:遅いよ!! あいかわらず怠け癖は治っていないようですね。そろそろ連載降ろされますよ。

笹師範:怖いこと言うなよ。たしかにこんな歌を詠んでいるけど

UFOのビームを眉間にでも浴びないかぎり俺の怠け癖は治らないだろう (笹公人) 『念力ろまん』より

 実際、忙しかったんだよ。

カンタくん:宮崎に行かれていたそうですね。

1001yushonobe.jpg
※優勝した延岡高校

笹師範:『第5回 牧水・短歌甲子園』 で審査員を務めてきました。今年は若山牧水生誕130周年の記念イヤーなんだけど、なんと牧水の母校の延岡高校が優勝して大いに盛り上がりましたよ。

カンタくん: 恒例のパワースポットめぐりもしたそうで、今年も何か収穫がありましたか?
カリスマKTP(巨石ツアープランナー)の安藤姉妹には再会できましたか?(※『無重力装置か? UFOか? 太古のロマンが広がる“巨石”を詠んだ傑作短歌はこれだ!!』

笹師範:いや、それが安藤姉妹、どうやら活動休止中のようで再会できませんでした。「パワーストーン」の題に合わせて巨石や霊石の話を取材したかったんだけど……。でも、今年は高千穂でいろんな怪しい噂を耳にしたよ。

カンタくん:どんな?

笹師範:たとえば、いまだに河童の目撃談があるとか、なんとユニコーンを見た村人もいるようだよ。

カンタくん:ユニコーン!!

笹師範:奥田民生さんのバンドじゃないよ。

カンタくん:わかってますよ!! そんな紛らわしいことを言う村人がいたら、それこそ「大迷惑」ですよ!!

笹師範:うまいな。ユニコーン(一角獣)の骨も残っているらしいし、<http://takachiho88.net/guide/gokasho/sobo/sobo2.html>昔の高千穂に伝わる絵巻物に、竜駒(一角獣・ユニコーン)の絵が描かれているものもあるそうだよ。

カンタくん:ロマンが膨らみますねぇ。

笹師範:諸星大二郎先生の名作『ユニコーン狩り』を思い出しちゃうね。あともう一つ印象に残ったのは、案内してくれた方の不思議な体験談。

カンタくん:どんな!?

笹師範:ある日の夕暮れ時、高千穂の山にある小さな小さな祠の前にワンピースを着た壇蜜似のたいそう美しい女がいたそうな……。

カンタくん:なんで「むかし話調」なんですか!

笹師範:いいから聞け。それでその壇蜜似の美女がスカートをめくって、パンチラを繰り返しつつ男性を誘惑してきたと。

カンタくん:えーっ!! それで!?

笹師範:ムラムラしたらしいけど、あまりにも不自然なシチュエーションだったから、すぐに山を降りたそうです。それで山の麓で老婆に話かけられたから、その一部始終を話したんだって。

カンタくん:で!!

笹師範:「また出たか……。あれは狐が化けてるんじゃよ」と言われたそうです。

カンタくん:怖っ!! もし誘惑に乗ってたらどうなってたんでしょうね?

笹師範:朝起きたら、布団の中に狐がいた……なんてことも。

カンタくん:うわー! 高千穂、神秘ですね~。

笹師範:宮崎は奥が深いです……。来年も楽しみだなぁ。


ということで、「パワーストーン」の講評にまいります!


〈課題【パワーストーン】〉

<特選>

・開運のパワーストーン重ねづけしている腕に抱かれたくない(キック)

【笹師範の評】

TOCANAの連載「第三の目で見るニュース」でもおなじみサイキック芸人・キックさんの作品。
たまに、「おまえはマヤ族か!!」とツッコミたくなるほどたくさんのパワーブレスレットを両手首に巻いている人を見かけます。定期的にセージや塩水で浄化しているならまだしも、そのままにしていたら邪気が溜まって、周囲にまで悪影響を及ぼしそうです。そのあたりのスピリチュアルエチケットを促すメッセージ短歌だと思いました。


<秀逸>

・本棚の隅に輝く赤い石 冬に拾いしアルデバランよ  ふじたま


<笹師範のコメント>

「赤い石」をアルデバラン(惑星)に見立てています。本棚・冬・アルデバランが響き合って、不思議なポエジーが生まれました。石が赤いというだけでテンションが上がりますね。


<佳作>

・札束を撒いて女をはべらせる石の広告見かけなくなりぬ あんまさ


<笹師範のコメント>

トルマリンホルダーとかありましたよね。たしかに最近はあまり見かけませんが、ジャグジーと札束と金髪美女の三点セットは、胡散臭い系広告の定番でした。あの三点セットは男の夢なのかなぁ。


今回、狐の話を書いたので、次の題は、

「こっくりさん」

にします!

〈次回の課題【こっくりさん】〉

present.jpg


■笹公人師範の見本作品

・コックリさんが帰ってくれない放課後の夕陽に咲いている少女たち  『念力家族』より

・コックリさんですべてを決める男いてお稲荷さんをポッケに詰める 『抒情の奇妙な冒険』より


☆お知らせ☆

NHK Eテレ『念力家族』放送終了しました!
http://www4.nhk.or.jp/nenriki/

最終回まで御覧頂いた視聴者の方、誠にありがとうございました!!
まだ未視聴という方は、再放送をお待ち下さい!!


renkubiyori.jpg

『連句日和』 
和田誠・矢吹申彦・俵万智・笹公人・共著 (自由国民社) 

笹公人、俵万智、矢吹申彦、和田誠の4氏共著『連句日和』を刊行する運びとなりました。

「歌仙を巻きませんか?」。 そんな調子で、大阪生まれのイラストレーターと東京生まれの歌人が、大阪生まれの歌人と東京生まれのイラストレーターを誘い、巻いて巻かれて、一巻三十六句の調べを織りなします。

※応募〆切:10月20日

present.jpg

(上のボタンと同じものです)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。