>  > 『バージニア工科大学銃乱射事件』はなぜ起こったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

1002choshuhi_03.jpg
※画像:「YouTube.com」

 今月1日米・オレゴン州の南西部ローズバーグにある2年制大学の「アムクワ・コミュニティー・カレッジ」で銃乱射事件が発生した。

 報道によれば、10人が死亡、7人が負傷したという。州政府によれば、容疑者は20歳の男性で、すでに死亡が確認されている。今回の事件は、キリスト教徒を狙ったともいわれており、現場に居合わせた女性は、「(容疑者は)教室の中に入ってきて、その場にいた人たちに信じている宗教を言うようにいい、それから撃ち始めた」と話している。

 この事件をうけ、オバマ大統領はホワイトハウスで記者会見を開き、「考えたり、祈ったりするだけでは不十分だ。多くの犠牲を繰り返しているにもかかわらず、米国には十分な銃規制の法律すらない」と語気を強めつつ、銃撃乱射事件が後を絶たない現状を憂いた。

 史上最大の犠牲者数を出した「バージニア工科大学銃乱射事件」からはや8年が経つが、未だ同様の事件が後を絶たない。今回は、このような憂うべき事件がまた起きないことを祈りつつ、「バージニア工科大学銃乱射事件」を振り返ってみよう。


【チョ・スンヒ:バージニア工科大学銃乱射事件】

1002choshuhi_01.jpg
※画像:「YouTube.com」

 バージニア州の山間にある静かな学生の町ブラックスバーグ。歴史あるバージニア工科大学の町としても知られているが、海外での知名度はそれほど高くなかった。しかし、2007年4月16日、この町と大学が世界中に知られる事件が起こった。アメリカの学校で起きた銃乱射事件において史上最大の犠牲者数を出した「バージニア工科大学銃乱射事件」が、発生したのだ。

 犯人は23歳になる同校の生徒、チョ・スンヒ。チョは、2007年4月16日の朝7時頃、ウエスト・アンブラー・ジョンストン学生寮の3階にあがり、女子学生と男子学生を射殺。返り血を浴びた服を着替えるため自分の部屋に戻るとともに、用意していたほかの武器を持ち出し、近くの郵便局に向かった。

 9時に郵便局が開くと、彼は米三大ネットワークのひとつNBC局宛にビデオとCD-Rを郵送。直後、落ち着いた様子でキャンパスのノリスホールへと向かい、中に入り扉を閉め、9時20分から10分間にかけて無差別的に32人を射殺した。無言、無表情で銃を乱射したチョは、最後に自分自身の頭に銃弾を撃ち込み自殺した。

 通報を受けノリスホールに到着した警官たちは、扉を開けると階段から血がどくどくと流れて落ちているのを見てただごとではないと覚悟した。廊下も赤いペンキを大量にぶちまけたように血まみれになっており、教室には撃たれ苦しんでいる人、明らかに死んでいる人らがそこら中におり驚愕した。チョはすでに自殺していたが、このような凄惨な事件を起こした動機を探るべく、300人~400人もの警官が捜査に投入された。

コメント

3:匿名2017年12月 6日 06:43 | 返信

韓国系の事件しか知らなかったが
自閉症がやらかした殺人だったのか
カウンセリングと薬剤を薦めたアメリカは確かに先進国だが本人の親が知恵遅れじゃなあ

2:匿名2016年2月11日 05:34 | 返信

「1994年4月20日に学生ふたりが起こしたコロンバイン高校銃乱射事件」とあるが事件は1999年なので修正した方がよいと思います。

1:匿名2015年10月 4日 21:28 | 返信

犯人が日本人であるとの「誤報」を故意に繰り返した韓国メディアに関して言及すべき。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?