>  >  > DNA鑑定が明らかにしたアメリカの冤罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

78150-2.jpg
アメリカでは過去25年間で冤罪が晴れた死刑囚は143人(shutterstock.com)

 日本において、有罪判決後に再審無罪になる冤罪事件はまだ稀だ。しかしアメリカでは、無実の人が有罪判決後のDNA鑑定によって無罪が確定する冤罪事件は実に多い。

DNA鑑定が冤罪を晴らした刑事事件は20%!

 2014年2月4日、米国冤罪事件データベースの研究プロジェクトが発表した報告データによると、2013年の1年間に誤審による有罪判決が覆り、再審無罪になった刑事事件は87件。過去25年間では約1300件にも上る。冤罪が晴れた死刑囚は143人にもなる。

 研究プロジェクトのサミュエル・グロス氏は、「誤審の全体から見れば、氷山の一角にすぎない。検察庁や裁判所の主導や協力によって無罪を確定した事件は38%、DNA鑑定が冤罪を晴らした事件は20%もある」と語る。

 2013年に冤罪が晴れた87件の事件のうち17%に当たる15件は、被告人が有罪答弁しているにもかかわらず無罪になった。それはなぜなのか?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。