>  >  > ヒマラヤで200以上の奇妙な新種生物を発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
歩く魚、青い目の蛙、くしゃみ止まらぬ猿…! ヒマラヤで200以上の「不思議な新種生物」が発見

 高度に科学技術が発達した現代社会。私たちは、すでに地球のことをほとんど知り尽くしていると思いがちだ。しかし、それは“思い上がり”だと釘を刺すかのような衝撃の事実が明らかになった。今月5日、世界最大の自然保護団体「世界自然保護基金(WWF)」が報告したところによると、なんとヒマラヤ山脈周辺で211もの新種の生物が一挙に発見されていたというのだ。しかもその新種には、私たちの想像を超える不思議な生態を...

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...