>  > 6つの事件からみる「自分殺し」の依頼パターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
mieise01.jpg
画像は、「News i - TBS」公式動画より

 9月29日、三重県伊勢市尾上町の雑木林「虎尾山」で市内の私立高校に通う3年生波田泉有(はだ・みゆ)さん(18)の遺体が発見された。県警は29日、同じ学校の同級生の男子生徒(18)を殺人容疑で逮捕。

 波田さんは周囲に「18歳までに死にたい」と漏らしており、自殺願望があったとみられている。一方、男子生徒も「(波田さんを刺した)包丁は自宅から持ってきた」「何度も殺害を頼まれた」と供述していることから、県警では嘱託殺人容疑を視野に入れた捜査が行われている。

 一体なぜ、嘱託殺人はなぜ起きてしまうのか? これまでの事件から分析してみよう。


■自殺願望を抱く主婦を高3男子が

 嘱託殺人と聞き、真っ先に思い出すのが、2001年1月、埼玉県岩槻市(現在、さいたま市岩槻区)で、ネット恋愛の末に、自殺願望のあった主婦を、栃木県宇都宮市の私立高校3年生の男子生徒(18)が殺害しようとした未遂事件だ。 男子生徒は少年審判の過程で主婦から殺害を依頼されたことを告白。「あなたが殺さなくても、プロに頼むから」と言われていたという。主婦は親の介護疲れからか、自殺願望を抱いていた。殺害当日、男子生徒はセンター試験だった。しかし、彼女の自殺を止めようと、主婦宅に向かう。そして、説得に失敗、刺し殺してしまった。


■19歳少年が会社社長を  

 2003年9月、東京都中央区の会社社長(46)が刺されて、埼玉県川越市の少年(19)が逮捕された。少年はインターネットの掲示板で会社社長と知り合い、「殺してほしい」と頼まれたという。前金で数十万円を受け取り、成功報酬の100万円は「借用書」としてもらっていた。「あとで家族に渡して、現金をもらえ」とも告げられていた。

 男の会社は借金を抱えており、自身の生命保険で借金の返済にあてようと、インターネットの掲示板で殺人依頼を書き込んだのだ。インターネットを通じた嘱託殺人でも報酬があったのはこれが初めてだった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。