>  >  > テレ朝の“弱腰”新番組が不評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

テレビ朝日

,

羽鳥慎一

asahi1007.jpg
画像は、「モーニングショーの公式ページ」より

 テレビ朝日の朝の情報番組『モーニングバード(通称『モニバド』)』が9月25日で終了し、同28日から新番組『羽鳥慎一モーニングショー』がスタートしたが、視聴者の評判は正直あまり芳しいものではないようだ。

 ネット上では、「『モーニングバード』と変わってない!」「赤江珠緒アナが好きで見ていたのに、出ないなら見ない!」といった調子で、良い評判は見当たらない。

 『モーニングバード』は日本テレビを退社してフリーとなった羽鳥慎一アナを招聘し、11年4月にスタートした。しかし、その視聴率は低迷し、『あさイチ』(NHK総合)、『スッキリ !!』(日本テレビ)、『とくダネ!』(フジテレビ)の後塵を拝する格好だ。

 なんとか、テコ入れを図りたいテレ朝はリニューアルではなく、“新番組”としての再出発を決断。羽鳥アナの人気を生かす形で冠番組とし、「22年半ぶりのモーニングショー復活!」と大々的にうたった。

 ところが、変わったのは、羽鳥アナのパートナーがフリーの赤江アナから局アナの宇賀なつみアナに変更された点くらい。レギュラー陣は、玉川徹、石原良純、住田裕子、青木理、高木美保、吉永みち子、長嶋一茂、島谷ひとみが残留し、『モーニングバード』時代とほぼ変わらない顔ぶれ。

 さらに、男性視聴者が交代を切に願っていたというお天気キャスターも、ふたむらちづこが残留。「朝から熟女気象予報士の天気予報など見たくないでしょう? フレッシュな女性キャスターの予報を見たいとの意見が多いようです」(某テレビライター)との声も……。

 確かに、これまでより、今起きているニュースを取り上げる機会は増えたが、番組内容はおおむね、『モーニングバード』と変わりなく、「単なるリニューアル」と言われてもいたしかたない。

「テレ朝が赤江アナを切って、局アナの宇賀アナに変えたのは、経費節減が目的です。ところが、いざ降板してみると、『赤江アナがいなくなって寂しい』との声も多いようです。『モーニングバード』を支えていたのは、羽鳥アナではなく、実は赤江アナだったのかもしれません。そのマイナスを宇賀アナがカバーできるかどうかがカギになるのでは?」(某テレビ関係者)

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年4月28日 08:22 | 返信

玉川はなぜいつも口を尖らせてるんだろうか?
見ていて不快だ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。