>  > 古代遺跡タ・プロームに横たわる恐竜のレリーフの謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【世界オーパーツ探訪記】

1008_ohpat01.jpg

 黄金のスペースシャトルやピリ・レイスの地図など、数多くの謎と共に多くの人々を魅了し続けているオーパーツ。その多くは、歴史的観点から見て、当時の時代背景や文化・技術レベルにそぐわない、いわば「不整合な遺物」である。そうした古の静寂へと続く道標とも言うべき遺物のひとつが、日本から遠く離れた東南アジアの国・カンボジアの地にひっそりと佇んでいる。  カンボジアにある城砦都市遺跡として名高いアンコール・トムを抜けて、東に約1kmに進んだ場所に位置する古寺院遺跡タ・プローム。ここは、アンジェリーナ・ジョリー主演のハリウッド映画『トゥームレイダー』のロケ地としても知られる古刹だ。

1008_ohpat02.jpg

 ここは1186年、クメール人の王朝として一大勢力を誇ったアンコール朝の王・ジャヤーヴァルマン7世が亡き母を想い、その菩提を弔うために建てられたものだという。ジャヤーヴァルマン7世は、王都はもとより、バイヨンをはじめとする仏教建築にも心血を注いだことで知られる。この四方を壁に囲まれ、東西約1000m、南北約700mもの広大な敷地に並び建つタ・プロームは、その名が意味する「梵天の古老」の言葉の通り、今なお見る者を圧倒する。

1008_ohpat05.jpg

 だが、この遺跡が発見されたのは、そこから約700年もの時が経過した1860年のこと。激動する世界情勢の中で、同寺院がどのように栄え、滅び、かくも朽ちていったかは、今となっては知る由もない。その往時、この地で暮らしていたという12,000もの人々は、一体どこに消えてしまったのだろう。

コメント

1:匿名2015年10月11日 19:28 | 返信

どう見ても「象」w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。