>  >  > 建設現場の鉄筋棒が頭を貫通!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

事故

,

手術

,

,

,

高夏五道

 イギリス「Daily Mail」紙の昨年の記事などによると、中国で建築作業員の47歳の男性が、作業中に誤って転落し、約6メートル下にあった鉄筋棒に突き刺さる事故があった。鉄筋棒は男の頭に突き刺さり、下あごから頭頂部にかけて貫通したが、奇跡的にも生存が確認された。


■事故18日後には自分の足で歩くことが可能に

人間の脳には重大な損傷を吸収し、生きる続ける可能性がある」と手術を担当したチョン医師のコメント。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年10月14日 13:12 | 返信

確かに”運”はあるかもしれません。
事故に遭われた方の一日も早いご回復を祈ります。
事故が起こらないようにすることが安全管理のであり、
万が一事故が起きたときに命を守る保護具が役に立つのです。
記事の事故は落下防止策、安全帯の使用がなされていなかったように読み取れました。
だとすれば、自業自得ということになってしまうのですが…。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?