>  > 巨人と暴力団の黒い交際の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
kyojin_151011.jpg
読売巨人軍公式サイトより


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 先日、読売巨人軍の福田聡志投手が野球賭博に関わっていたとされる疑惑が浮上、球界に激震が走った。福田投手は、高校野球・プロ野球・大リーグの試合に関する賭博に参加しており、プロ野球の試合には巨人戦も含まれていたという。今後の成り行き次第では球界を追放、また、賭博罪が適用される可能性もある。加えて、福田投手に賭博仲間を紹介したのは同じ巨人の笠原将生投手とのことで、笠原投手も野球賭博常習者との交際を禁じる野球協約に違反する可能性もあるとみて、現在謹慎処分がなされている。

 また、時期を同じくして、野球賭博に絡んでいたとし、分裂騒動に揺れる山口組の総本部を新潟県警が家宅捜索に乗り出すという報道も世間を駆け巡った。

 次々と炙り出されていく、球界(巨人)と暴力団の黒い交際関係。しかし、これはたまたま起きた騒動ではない。巨人軍の歴史を紐解いていけば、今回の騒動は、むしろ「起こるべくして起こった」とすら言えるものなのだ。本稿では、巨人軍関係者がいかに暴力団と深い関係を結び続けてきたかをご紹介していきたい。

 まず記憶に新しいのは、「週刊文春」(文藝春秋)2012年6月28日号のスクープ記事を端緒に一気に盛り上がった、原辰徳監督の騒動である。

 騒動の発端は1988年前後、常宿としていた兵庫県のホテルのスタッフと原が不倫関係に落ちたことに始まる。ほどなくして二人の関係は終焉を迎えるが、その最中、彼女が心中の苦しみを綴っていた日記帳が、ある暴力団関係者にわたる。その日記には、妊娠・堕胎の一幕が書かれていたとの報道もあった。そして、2009年、偶然手にした日記をネタに原は暴力団から脅迫を受ける。なんと、その額、1億円。しかし、原は警察に相談することもなく1億円を用意し、その暴力団関係者にお金を渡してしまった。

 この暴力団関係者はその後、交通事故で亡くなるが、それを機に、原は別の暴力団関係者から日記をネタに再び脅迫を受けるようになる。ここで遂にスキャンダルが世間に発覚。過去の女性関係も、問題となる1億円の件もすべて表沙汰となった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。