>  > 【日本人スパイ疑惑事件】「反日マスコミ」の怪しい動き!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

スパイ

,

反日

,

日本人

,

聖橋乱丸

,

陰謀

spy1009.jpg
画像は「ANNnewsCHより

――陰謀社会学者の聖橋乱丸が、最新ニュースを陰謀的な論理に基づいて「推理」「考察」し、報道される前、あるいは報道の裏に潜む真実を探して独自の「結論」を導く!

 皆さんこんにちは陰謀社会学者の聖橋乱丸です。

 9月30日に日本人の「スパイ」とされる人物が2名逮捕・拘束され、もう1人、スパイ行為に関わった疑いがあるとして拘束された。その直後はさまざまな報道が出たが、日本政府および日本のメディアはそれ以上騒ぐ気配がなく、そのまま時間が過ぎていった。

 すると今度は10月9日に上海で「スパイ容疑」の日本人女性が拘束されたという報道が、新たに出た。


■報道に違和感

 日本の場合、逮捕状がない場合の身柄の「拘束」は48時間と決まっている。逮捕状があってもその有効期間は14日間であり、1回延長ができるものの、それ以上の勾留をする場合は、別件で再逮捕する以外はない。しかし中国の場合、その逮捕状を出すまでの身柄の拘束は「6カ月」とかなりの長期間。要するに、政府が目をつけて、疑いがあるとしただけで6カ月間拘留して自由を奪うことができるのである。

 さらに当然のことながら、中国の司法制度は、「共産党独裁政治の管理下」におかれているため、司法が政治と切り離されることはない。つまり、司法が外交カードのひとつとして利用されることは、よくある話なのである。

 今回の場合、2人を逮捕して、ひとりは拘留したままだ。これは「残るひとりを助けてほしければ何らかのアクションを起こせ」ともとれる中国側の外交カードであるといえるだろう。しかし、安倍内閣はそれに対して動揺を見せなかったために、中国は新たにもうひとりの女性をスパイ疑惑で逮捕したものと考えられるのだ。

 そもそも今回の報道内容はあまりにも疑問が多い。なぜこの時期なのか、「スパイ」など日本にいるはずがないのに、なぜスパイ容疑を持ちかけたのかは、先日も記事を書いた

 しかし、もっと単純なことに気づかないだろうか。仮に「スパイ」であるならば、最初からしっかりと外交部が発表・報道すればよいのに、ニュースを読んでみればわかるとおり「中国の関係者」が発表している。「関係者」って誰だ? 一体何者だ? ここに陰謀が潜んでいる。 

人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年10月14日 06:50 | 返信

この記事書いた人も断言できる根拠とかあるのかな?
反日メディアって書いてるのも疑問に思ったんだけど、必ずしも日本寄りな報道じゃないといけないような書き方だね。
スパイかどうか真実は分からないのだからもっとライターらしい書き方できないものか…

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。