>  >  > 「女の顔になってやがる」 見逃せぬ芦田愛菜の成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
ashidamana1015.jpg
画像は、芦田愛菜公式HPより

 12月4日に公開となる劇場版3DCGアニメ『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』。同作の公開アフレコイベントが今月13日に行われ、出演する芦田愛菜と鈴木福という人気子役2人が登場した。芦田と鈴木と言えば、2011年に放送されたTVドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)での共演イメージが強い。だからなのか、記憶はそのときのままで止まっている人も多いようで、世間からは少し大人になった芦田を絶賛する声が上がった。

 2010年のTVドラマ『Mother』(日本テレビ系)での熱演で一躍ブレイクした芦田。その後も『マルモのおきて』をはじめ、『南極大陸』(TBS系)『ビューティフルレイン』(フジテレビ系)『明日、ママがいない』(日本テレビ系)といった人気TVドラマに出演を続ける。また、13年に公開された大ヒット作、ギレルモ・デル・トロ監督の『パシフィック・リム』にも出演し、世界進出も果たした芦田は、もはや日本を代表する立派な女優である。

 その芦田が、今度は世界的キャラクター・スヌーピーの劇場版の吹き替えに挑戦する。芦田の役どころは、原作コミックにシルエットが登場しているものの、顔はわからなかった赤毛の女の子。さらに、チャーリー・ブラウンが思いを寄せる、“片想いのシンボル”とも言うべき難しい役となる。これには「芦田がどう演じるのか」に注目が集まるかと思いきや、気になったのはそこではないらしい。

 ハロウィンという時期もあってか、公開アフレコイベントに魔女っ子に扮した芦田が登場したと知ると、世間からは「かわいい」「イケる」「女の顔になってやがる」「もう立派な大人の女性になったな」など、芦田の成長を喜ぶ声が多数上がった。

コメント

2:匿名2015年10月18日 21:32 | 返信

11歳にたいして何様?ばかじゃないのロリコンが

1:匿名2015年10月18日 21:30 | 返信

なにが「女の顔になっていやがる」だ!11歳の子供に対して言う言葉じゃねえだろ屑
どーせ書いた奴もキモいおっさんだろうがこういう男ばかりで嫌になるわ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。