>  >  > 仲間由紀恵が新技披露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

仲間由紀恵

,

放浪紀

,

森光子

1510_nakama.jpg
※画像:「『放浪記』オフィシャルサイト」より

 1961年から森光子が主演を務め、2009年まで55年もの間にわたり講演されてきた舞台『放浪紀』。今月14日、女優の仲間由紀恵(35)が主演を引き継ぎ、約6年5カ月ぶりに復活を果たした。

「森光子といえばでんぐり返し」「でんぐり返しと言えば森光子」といわれるほど、作品の代名詞ともなった“でんぐり返し”で有名な『放浪紀』。森も、「『でんぐり返し』が出来なくなったら私は女優を辞める」というほど、思い入れが強かった。

 そんな伝統芸だが、「新生『放浪紀』出発の会」が行われた今年8月の時点では、まだ“でんぐり返し”が披露されるかどうかは決まっていなかった。報道陣からの「でんぐり返しは見られるのか?」という質問に対し、「やるなら、4回転半くらい転がってほしい」と演出家が無茶ぶりを出し、仲間を困惑させていた。そして迎えた初日、もちろん「伝家の宝刀・でんぐり返しお目見えか!?」と注目が集まったが、仲間は思いきった「側転」を披露し会場を沸かせた。

 新技披露に「側転とかかっこよすぎ! 流石ヤンクミだよ!」「女優さんの側転姿って中々見れないし新鮮だね!」と絶賛の声が上がっている。しかし往年の『放浪紀』ファンにとっては「なんで、でんぐり返しじゃないの!?」「森光子の意思を継ぐなら、でんぐり返し以外ないだろ!」と納得がいかない様子。さらには「でんぐり返しよりハードだろ。側転じゃ55年続かないわ」と、早くもいつまで続けられるかを気にする声も。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。