>  >  > 性格悪魔級で嫌われ者のアン・ハサウェイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1510_hathaway.jpg
※イメージ画像:『IMDb』より

『レ・ミゼラブル』や『インターステラー』でも知られる女優のアン・ハサウェイ。彼女の代表作ともいえる『プラダを着た悪魔』では、ジャーナリスト志望の主人公を演じ、メリル・ストリープ演じる悪魔のような上司の下で前向きに頑張る姿は、世界中の女性たちの支持を得た。そのせいか、世間でも“綺麗で真面目”、“頑張り屋さん”といった印象が強いが、どうやら彼女自身が悪魔のような性格だったとして騒がれているが、真相はいかに……。

 アンは日本向けのコマーシャルの撮影時に、オーダーした朝食の出来栄えが気に入らず、4回も作り直しを要求したことが報じられてしまったのだ。ちなみに、最初に受け取った皿は卵がゆるすぎると作り直させ、2度目はイングリッシュマフィンが冷えているため却下。3度目はパンを温めている間に卵が冷えたのでNG。そして、ようやく完璧な状態で朝食が出てきた4度目は、気分が変わったので目玉焼きに変えてくれと注文したらしい。

 この言動に対し、「フォンテーヌ(『レ・ミゼラブル』内の役)結構好きだったのに、性格反対すぎ…。」「メリルと役交換しろ」「美人だけど性格が悪い女ってどうよ」「まじかよ…。好きだったのに」と、役とのギャップの差に驚きと失望の声が上がっている。また、「イングリッシュマフィンとか朝マックで買え!このバカスケ!」「石原軍団に入って炊き出し係から修行し直せ!」など、憤る声が聞こえてくる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。