>  > 東京五輪で風俗店一掃の噂を検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
fuzoku_151018.jpg
『ベテラン風俗ライターが明かす フーゾク業界のぶっちゃけ話』(彩図社)

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

「2020年、東京オリンピックを機に東京中の風俗店が一掃される!?」

 いま、巷ではこんなウワサ話が飛び交っている。他にも、「2020年のコミケは中止になる」「東京中のコンビニからエロ本がなくなる」など、これらのウワサには他にもバリエーションがあるのだが、実際はどうなのだろうか? 

 老舗の風俗サイト『全国風俗リンクセンター』の運営にして、風俗情報誌「俺の旅」(ミリオン出版)などでライターとしても活動する吉岡優一郎氏が最近出版した『ベテラン風俗ライターが明かす フーゾク業界のぶっちゃけ話』(彩図社)によれば、その可能性は捨てきれないという。

〈これまで風俗業界は国際イベントの開催に合わせた警察当局の浄化作戦などで、地域丸ごと潰されるような例がいくつもあった。
 その中でも比較的新しく、かつ大規模だったのが、1990年に大阪市と守口市にまたがる鶴見緑地で開催された「国際花と緑の博覧会」(花博)の際の浄化作戦だ。
 それまでは、大阪市内にも少なくない数のソープランドがキタ、ミナミ両地域に存在していたのだが、花博の開催に合わせて警察が街の浄化作戦を開始し、大阪市内のソープランドへの集中的な摘発がなされ、さらに行政により条例も制定されたため、市内すべてのソープランドが閉店へと追い込まれた。現在、大阪市内に1軒のソープランドも存在しないのはこのためだ〉

 このような事態が起きるのは、行政側が国際イベントにより多数集まる外国人観光客を見越して、風紀の乱れを正したり、治安維持へと神経を尖らせるためだ。ただ、2020年を機に、ウワサされている取り締まりが現実になるかどうかは吉岡氏にも分からないという。

〈こうした大規模な浄化作戦が行われるか否かは、警察組織の上層部や地方自治体の首長の考え方によるものが大きいからだ。
 21世紀に入ってからの具体例としては、石原慎太郎元都知事による新宿歌舞伎町の浄化作戦で多くの風俗店が歌舞伎町からの撤退を余儀なくされたケースや、中田宏元横浜市長の意向で横浜・黄金町のちょんの間が壊滅させられたケースなどが挙げられる。
 このように、力を持つ立場にある人々の鶴の一声で、風俗業界は摘発が強化されることもあれば庇護されることもあるのだ。
 そのため、2020年に東京の風俗業界が壊滅するかどうかは、そのときにどういう人物が関連する要職に就いているかが鍵になるだろう〉

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。