>  > “日本の恥・低俗かつ害悪” 歌舞伎町のストリップ劇場が廃業危機!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

~【ジャーナリスト渋井哲也のひねくれ社会学】都市伝説よりも手ごわいのは、事実だと思われているニセモノの通説ではないだろうか? このシリーズでは実体験・取材に基づき、怪しげな情報に関する個人的な見解を述べる~

1020sutorippu_main.jpg
※イメージ画像:『昭和ストリップ紀行』ポット出版

 新宿・歌舞伎町のストリップ劇場「T・Sミュージック」(岡野健太郎取締役)が閉店の危機にさらされている。発端は家賃の滞納問題だった。民事裁判に発展し、東京地裁では全面敗訴。今後は控訴審で審議される。ストリップ劇場は徐々に少なくなってきており、ファンからも閉鎖を惜しむ声が届いている。

 T・Sミュージックは、新宿区役所の近くにあり、午前中から夜間まで、踊り子たちのステージが楽しめる。客は徐々に減少傾向ではあるが、中国やマレーシア、インドネシア、タイなど海外からの観光客で満席になることもあるという。所属している踊り子たちは日本人だけ。AV女優の永井一葉や遠藤悠美、芹沢直美(旧芸名、東千聖)、宮坂レイア(改名後、宮野ゆかな)らも登壇した。

 新宿のストリップ劇場はT・Sミュージックのほか、新宿ニューアート、DX歌舞伎町の3軒だけになっている。

■水掛け論のまま進む口頭弁論

「ビルがオープンした1年後に借りた。38年間、劇場として借りているが、こんなトラブルは初めて。東日本大震災のときに家賃を滞納したことがあったが、このときは話し合いで解決している」(岡野取締役)

 閉鎖の危機に陥ったのは、家賃滞納がきっかけだ。岡野取締役の話では、家賃を遅延しながらも支払いを続けており、残り3カ月分になったときに契約解除を申し渡された。請求があったとき、岡野取締役から家主に対して「保証金から建て替えておいてください」と言ったとしているが、家主は「聞いていない」と、口頭でのやりとりはなかったことにされた。

 保証金は家賃の40カ月分を納めているという。岡野取締役は「通常、ここまで保証金は納めていないと思う。その中から3カ月分を建て替えてほしいとお願いをしたが、言った・言わない、の水掛け論になってしまった」と話している。

 契約解除という家主側の主張を全面的に認めた判決になっている。しかしなぜか、直接関係のないことも判決文に載っている。2013年1月、公然わいせつ容疑で摘発され、岡野取締役と踊り子たちが逮捕されたことがあった。また、警視庁にはT・Sミュージックに対して「このまま東京五輪が開催されれば日本の恥」という匿名の投書が寄せられていたというが、このことは、契約解除の間接的な要因として書かれてしまっている。家賃滞納が問題だったはずなのに、なぜ別の事が問題になるのか。

 また、共用部分に物が置かれていることも指摘されているが、物が置かれているところは「バルコニー」として位置づけられている。また、消防署からの指導でも「避難路」ではないために、撤去までは言われていない。しかも、同様の部分には、1階でも3階でも物が置かれている。そのため、避難対策を怠っているとは現実的には言えないが、裁判所はこのことも問題視している。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。