>  > バイオハザード!? ゾンビ祭で銃撃事件発生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1510_zombie_01.jpg
ゾンビ祭の様子。画像は、「NEW YORK POST」より。

 ハロウィンの時期ということで、世界各地が行われている仮装を楽しむイベント。しかし、そのイベント中に銃撃事件が発生し、死者が出るという惨事に見舞われた。ただ、イベントの内容もあってか、日本からは悲鳴のようなものは上がっていない。

 アメリカ・フロリダ州で毎年行われる恒例の大規模イベント「ZombieCon(ゾンビコン)」。その名のとおり、ゾンビのような血だらけの衣装や、死に神などの仮装を楽しむ同イベントが、今年も開催された。

 今月17日に行われた同イベントには、およそ2万人が参加。しかし、ゾンビで溢れる楽しいイベントが終わりに近づいた頃、突然鳴り響いた銃声により、一転辺りはパニックとなった。そして、発砲により20歳の男子大学生が死亡したほか、5人が負傷。地元警察は「目撃者も多く、写真や動画を撮影した人もたくさんいる。捜査の助けになるものは何でも提供してほしい」と呼びかけているが、仮装道具として銃を持った参加者もおり、捜査は難航しているという。

 日本では銃撃事件というものに馴染みがないからか、同ニュースを知った人からは「これは仕方ないな」など、心配する人はほぼ皆無。多くは「ゾンビなんだから無罪でいいだろ」「ゾンビが死亡っておかしくね?」「本物のゾンビになってしまうとはね」と、ゾンビに因んだ声を上げた。

 また、「ゲームと現実の区別がつかなくなったんでしょ」「ゲーム会社が『ゾンビなら殺してOK』としてるからな」「ゲームで散々やってたら、どうしてもリアルでやってみたい衝動に駆られたんだろうな。ゾンビゲー規制だわ」など、ゲームに責任があるとする人も多い。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。