• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1510_yonimo_01.jpg
画像は、「世にも奇妙な物語のオフィシャルサイト」より

 毎度豪華キャスト陣が、奇妙な出来事に巻き込まれることでお馴染みの『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)。今年で25周年を迎える同作の、記念すべき秋のスペシャルに向け過去作品の人気投票が行われたが、どうも傑作が選ばれたというより、人で選ばれた感に“世にもファン”は憤りを隠せないようだ。

 元々は1989年に放送されていた深夜ドラマ「奇妙な出来事」(フジテレビ系)をゴールデン番組に進出させたもの。ストーリーテラーも俳優の斉木しげるからタモリに変わり、1990年~1992年までオムニバス形式の連続ドラマとして放送されていた。その当時放送された露口茂主演の「三人死ぬ」は、緊迫感や後味の悪さがなんとも癖になり、ファンの中でも傑作と名高い。

 その後は春の特別編・秋の特別編と題し、年2回の特別番組として放送。実際にはありえないだろと思いつつも、どこか現実味があって「もしかしたら…」と考えてしまう奇妙な話たちに、お茶の間でドキドキしながら見ていた人も多いだろう。もちろん、鳥肌が立つほどゾッとするものもあれば、妻夫木聡主演の「美女缶」や柳葉敏郎主演の「時の女神」など、ほろっと涙を流させるものも。

 そんな数々の名作を生み出し続けて早や25年。今回、新しい試みとして視聴者による過去作品の人気投票が行われ、上位30作品が選ばれた。さらにその中から厳選した5つを、来月放送の『世にも奇妙な物語 25周年記念! 秋の2時間SP』(フジテレビ系)でリメイクして放送すると言う。

 人気ランキング1位に輝いた、嵐・松本潤主演の「イマキヨさん」はリメイクが決定。さらに、KinKi Kids・堂本光一主演の「昨日公園」(ランキング4位)、草刈正雄主演の「ズンドコベロンチョ」(6位)、小堺一機主演の「思い出を売る男」(26位)、玉置浩二主演の「ハイ・ヌーン」(27位)が選ばれた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。