>  > 【感動話】天皇陛下に外人騎手が最敬礼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

競馬

re-keibalabo.jpg
写真提供/競馬ラボ

 平成24年10月28日(日)の東京競馬場は特別な雰囲気に包まれていた。この日は2005年以来二度目となる今上天皇・皇后が東京競馬場に来場し、天皇賞を観戦する展覧競馬が行われていたのだ。

 事前にそれを知らされていた競馬ファンはその重要さを認識してか、競馬場は今までに無い緊張感があったという。

 そして両陛下が見守られる中、第146回天皇賞(秋)を制したのは外人騎手ミルコデムーロ鞍上のエイシンフラッシュだったが、レース後のミルコデムーロ騎手の行動に日本中が感動した。レースを勝利したミルコデムーロ騎手はウイニングランの最中、観戦する天皇皇后両陛下の眼前にてコース内で下馬、ヘルメットを脱ぎ、競走を天覧した両陛下にひざまずいて最敬礼を行ったのだ。

【必見】天皇皇后両陛下に最敬礼するミルコデムーロ騎手。動画は「YouTube」より

 本来騎手がレース後にコース内で下馬することは禁じられているが、JRA日本中央競馬会もお咎め無しという粋な判断で制裁等はなく、日本競馬史上に残る美談として語られ続けていくことになったのだ。

 その後ミルコデムーロ騎手は外国人でありながらJRA所属騎手となることを希望し、見事難関といえる騎手試験に合格。晴れてJRA所属騎手として今年3月からデビューし、皐月賞と東京優駿(日本ダービー)を勝利するなど大活躍。そして今週行われる第152回天皇賞(秋)はアンビシャスで三年ぶりの勝利を狙う。

 今週日曜に行われる第152回天皇賞(秋)は、宝塚記念を勝ったラブリーデイや武豊騎手が騎乗する9戦8勝の快速馬エイシンヒカリなど多彩なメンバーが揃った。どうせならレース前からこの天皇賞を目一杯楽しみ、そしてレース当日には馬券も的中させたいもの。そこでオススメなのが完全無料の競馬ポータルサイト・競馬ラボだ。

 この競馬ラボは追加の課金や有料登録をまったく必要としない完全無料サイトで、無料にも関わらずその情報量・コンテンツの質・サービスは国内競馬メディアの中で群を抜いている。

 特に天皇賞のようなG1レース特集は特筆すべきもので、雑誌が一冊できてしまうようなハイレベルなコンテンツがすべて無料で閲覧できる。つまり注目の天皇賞を今から目一杯楽しむには最適な競馬サイトだといえるのだ。

 今回はその競馬ラボ担当者に、今週行われる天皇賞の展望やコンテンツについて話を聞いた。


■注目競馬サイト/競馬ラボインタビュー

――競馬ラボさんはどんなサイトですか?

競馬ラボ担当者 当サイトでは馬券を当てたいファン、純粋に馬が好きなファンがともに楽しめるコンテンツをすべて無料でお届けしています。特に競馬トピックスはどこよりも早く正確に豊富な情報量で更新していますし、無料で取得できるメルマガ、公式Twitter、Facebookもオススメですよ。

 また天皇賞などのG1特集は毎日注目コンテンツを更新。馬体診断や関係者へのインタビュー、機密データファイルや血統予想家・水上学の血統診断、そして天皇賞(秋)などG1レース22勝の元JRA騎手・安藤勝己ことアンカツの展望や予想、レース前日には大人気の「メガ盛り競馬新聞」など、とにかくこれ以上はない、と言えるほどのコンテンツをすべて無料で公開しています。

race1023.jpg
G1レース22勝のアンカツこと安藤勝己元JRA騎手/写真提供/競馬ラボ


――競馬の魅力は何ですか?

競馬ラボ担当者 馬とそれを動かす騎手との要素がミックスするところですね。例えば競輪、競艇、オートレースなどに比べて、競馬は不確定要素が多い分だけ難解です。しかしそれらを読み解くことによって莫大な配当が一瞬でもたらされる点も大きいですし、応援した馬が勝利することで共有する独特な感動は競馬以外にはありません。

 また馬にもそれに携わる人にも様々なドラマが存在し、ギャンブルから離れた視点でも楽しめることも競馬ならではといえるでしょう。


――今週の天皇賞はどんなレースになりそうですか?

競馬ラボ担当者 今年の天皇賞(秋)は出走を予定していたダービー馬キズナが電撃引退、さらに有力馬が体調不良で前哨戦を使えないなどの混戦ムード。

 当サイトでは元JRA騎手、元JRA調教師、血統評論家、現役競馬記者など多角的な視点からヒントをお届けしますので、必ずや的中に結びつく情報が競馬ラボで発見できるはずです。ぜひ競馬ラボの最新情報をチェックして、週末の参考にしてください。


――ありがとうございます。

 天皇賞(秋)は数あるG1レースの中でも、特にドラマやサインが多いレースとして知られている。今年はどんなドラマが起きるのか、その瞬間にライブで立ち会い、感動を共有したいものだ。そして波乱が想定される一戦だからこそ、騎手時代にダイワメジャーで制した安藤勝己氏の予想は注目。そのアンカツ予想も競馬ラボで独占無料公開するとのこと。これは間違いなく必見だ。

競馬ラボ

※本記事はPRです

人気連載

ポール・オースターファンはなぜ“狂気の”ジャベスを知らないのか?

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

震災後の自主規制はいつまで続く? 今年の3.11、テレ東も放送映画を変更していた…

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...