>  >  > 事実無根! 月亭方正の「ガキ使降板」報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
yoshimotokougyou.jpg
画像は『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)放送25年突破記念 DVD 初回限定永久保存版 (20)(罰)絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』より

 25日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)で今までにない展開が起きた。

『週刊実話』(日本ジャーナル出版)が報じた「『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』が大幅リニューアルされ、歌手の田原俊彦がレギューラーを獲得。そさらに、「田原の代わりに月亭方正が降板することになる」(番組関係者)」と書かれた記事が取り上げられたのだ。

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』は、監督を菅賢治、プロデューサーを大友有一とダウンタウンの松本人志の理解者たちが務め、松本自身も企画構成に関わっている。浜田雅功が“松本の番組”とまで評するこの番組において、松本と付き合いの長い方正を切るとは到底思えない。

 実際に、この記事が紹介されると、松本をはじめとする出演者たちは笑いに包まれ、方正も「番組関係者って誰やろね。あぶり出そうぜ!」と突っ込んだが、なぜ彼らすら知らない“関係者談”が生まれたのだろうか?

「テレビ局の関係者といっても、さまざまなんです。プロデューサーは局員であることがほとんどですが、局員ではないプロデューサーもいる。ひとつの番組に、いくつもの制作会社が入っていることもあります。さらに、経理などに至ると、派遣会社のスタッフも絡んでくる。……となると、番組を構成しているスタッフすら知らない関係者も出てくるんです。そういった関係者が、願望を含めて『○○したい』と考えるのは当然です。今回は、その声を取り上げたのではないかと思います。『○○は性格が悪い』という関係者談も、タレントと深くかかわっているスタッフの声ではなく、『すれ違った時に挨拶をしてもらえなかった』『1、2回撮影に立ち会って、その時機嫌が悪かった』などが理由の場合がほとんど。下の人間の者の情報のほうが、外に漏れることが多いですからね」(テレビ制作関係者)

 そういえば、SMAPの木村拓哉も昨年の『27時間テレビ』(フジテレビ)内の『ワイドナショー』のコーナーで「(事実と)かすっていると、(そう語った)テレビ関係者は誰だ? となる」と胸中を明かしていた。

 今回の「田原と方正の番組レギュラー入れ替わり」は事実無根だったようだが、それを願っている関係者は少なからずいるということだろう。そういった意味では、方正は胸中穏やかではないのかもしれない。
(TV Journal編集部)

コメント

1:匿名2017年9月23日 19:24 | 返信

そさらに、「田原の代わりに月亭方正が降板することになる」
 ↑
『そさらに』 …って。
例の一件で、辞めたって聞いたけど。まだ、「あの馬鹿」に記事を書かせてるの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。