>  >  > 現場で嫌われる態度の悪いタレント第1位は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

モデル

,

吉沢ひかる

,

読モ

1027model_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 テレビ番組にはタレントや芸人、俳優や女優、モデルやアイドルなど様々な肩書きを持った芸能人が出演する。そんな中、近年は“読者モデル”と呼ばれる存在が出演する機会も増えている。

 しかし、関係者と話をしていくにしたがって、彼女たちの“評判の悪さ”が聞こえてきた。一体、読モに何が起こっているのか。

「読者モデルは雑誌業界が生み出した新たな文化で、それ自体は悪くはないんです。最近は安く使えることもあって、バラエティ番組のアシスタントなどに抜擢されることもあり、また“カリスマ”と呼ばれる読モはトーク番組などに呼ぶこともあります。しかし、とにかく彼女たちは態度が悪いことで有名です」(テレビ番組制作スタッフ)

 かなりご立腹の様子だが、具体的に何かあったのだろうか。

「読者モデルの女の子たちは、本物のモデルへの憧れが強いからこそ、読モになっています。でも、その憧れる部分がおかしい子が多いんです。彼女たちの中では何故か『モデルは偉そうに振る舞うのが当たり前』のような感覚があって、現場でも『自分の楽屋が狭い』と騒ぎ立てたり、収録をストップさせてまでメイクさんに化粧を直してもらったりするケースがあるんです。本当にメイクを直してほしいなら問題ないんですが『メイクを直させている自分が格好いい』という考えで行っているとしか思えないので、こちらとしては面倒な存在でしかありません」(同)

 『偉そうに振る舞うのが格好いい』とは、面倒な話だが、なぜそんな考え方になっているのだろうか。

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年3月23日 22:43 | 返信

現場の末端から見て厄介と感じても総合的にそれを上回るメリットがあるから使ってるのでは?
一視聴者にすればマナーが画面で見えなければ関係ないし嫌なら使わなければ良いだけのように感じます

2:匿名ももさん2015年11月23日 20:39 | 返信

本当に 最近の番組は どんな人でも テレビに出れるのか?と 思うほど 品質が とにかく
悪いですね
もう少し ちゃんとした人を 出して
もらいたいです テレビの影響は 凄いんですから プロデューサーやデレクターさん逹
も ちゃんと テレビに出しても大丈夫か
見極めて もらいたいです

1:匿名2015年11月 1日 08:20 | 返信

誤:的を得る
正:的を射る

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。