>  >  > 11月13日、謎の宇宙ゴミが地球に墜落する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
WTF1190F.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 増加の一途をたどる「宇宙ゴミ(スペースデブリ)」。打ち上げに使われたロケットの破片や、使われていない人工衛星本体、そして宇宙飛行士が落とした機材など、大小さまざまな宇宙ゴミの総量は、今や4,500トンを超えると考えられている。それぞれが地球周囲の異なる軌道上を回っているが、その破壊力はすさまじく、国際宇宙ステーションや活動中の人工衛星に激突すれば大惨事となることが予想されるため、国際問題となっているほどだ。

 そして現在、無数に存在する宇宙ゴミのうちの1つが、来月地球に落下する見込みとなり、世界の宇宙研究者たちが沸き立っているようだ。世界標準時で2015年11月13日6時20分(日本時間:13日15時20分)に地球へと帰ってくる宇宙ゴミとは、その名も「WTF1190F」。落下地点は、スリランカ南岸65kmのインド洋上だ。

WTF1190F_2.jpg
画像は「ESA」より引用

 楕円形の軌道上を周回している「WTF1190F」の大きさは2m程度だが、宇宙ゴミは直径10cmあれば宇宙船を完全に破壊するとされる。これが地球に落下するとなれば、一体どれほどの衝撃があるのか――? この点について、ESA(欧州宇宙機関)専門家などは、「大気圏突入時に大体は燃えてしまう」と楽観的な見解を示している。どうやら大災害をもたらす可能性は低いようだ。むしろ「(人工物であるかないかにかかわらず)落下の一部始終を観測し、そのインパクトを知る絶好の機会」と捉えているという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。