>  >  > ヤバすぎる「トラクター・ビーム」研究とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

UFO

,

トラクター・ビーム

,

浮遊

,

超音波

TractorBeam.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 あなたは「トラクター・ビーム」を知っているだろうか? 12月に最新作の公開を控えた映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する、物体に照射することで挙動を自由にコントロールしてしまう技術だ。その名の通り、宇宙船を拿捕・誘導したり、貨物を積み込むなどの目的で用いられる設定となっている。ほかのSF映画でも、しばしばUFOが人間を拉致する際にビームを照射するシーンが見られるが、これも同様の性質を持つ技術であると言えるだろう。

 このようにSF映画ではお馴染みのトラクター・ビームだが、これが身近な技術となる可能性が浮上してきた。なんと世界中の科学者たちが、触れることなく自由に物体を動かす技術を作り出すことに成功しているというのだ! 一体どのような方法で? 今回は、イギリスの研究グループによる最新研究の話題をお届けしよう。


■「人の耳では聞こえない大音量」がカギだった

 今月27日、科学サイト「Live Science」が報じたところによると、現実世界でトラクター・ビームを実現し、オンライン学術誌「Nature Communications」上に論文を発表したのは、英・ブリストル大学の研究グループだ。

動画は「YouTube」より

 彼らが作り上げたトラクター・ビームとは、なんと音波を用いる技術だった。そして、その原理も極めて単純だ。精密にコントロールされた音波を物体に照射することで、物体の周囲に高圧域と低圧域を生み出す。すると、高圧域に押される形で物体は低圧域へと移動する。しかも、それは重力に逆らう形でも作用するため、物体を引き寄せたり引き離すだけではなく、旋回させたり宙に浮かせることさえ可能になるというのだ。

 なお、これほどのパワーを生じさせるためには140~150dBという耳が壊れるほど強い音波が求められるが、40Hz以下という低周波数であれば人間が聞き取ることはできない。つまり、「人の耳では聞こえない大音量」によって物体を移動させる技術というわけだ。

TractorBeam_2.jpg
画像は「Live Science」より引用

 しかし物体を意のままに操るためには、その大音量低周波を、安定的かつ精密に、そして何よりも狙った場所にピンポイントで照射できなければならない。ブリストル大学の研究者たちは、コンピューターによるシミュレーションと実験を延々と繰り返し、物体を動かすために最適な音波を見つけ、それを正確にコントロールする術を見つけたのだ。

「ロックコンサートに行ったことがある人ならわかるでしょうが、(爆音で)内臓が揺られるような感覚になりますよね? 要は、この力をどのようにコントロールするかが問題なのです」(ブリストル大学の機会エンジニア、ブルース・ドリンクウォーター氏)

人気連載

奇習!母娘の「親子丼」を正当化した邪悪な男たち―ある資産家男性の告白

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東 ※イメージ画像:Think...

顔に改造ウジ虫を垂らし、死人続出! 理解不能な【封印ナチス映画】『ヒットラー蘇生計画』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。