>  >  > 奇習! 封印された平安貴族たちの蛮行
日本奇習紀行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

封印

,

戸叶和男

,

日本奇習紀行

【日本奇習紀行シリーズ・番外】平安貴族たちの隠された悦楽

1027rashoumon_main.jpg
※イメージ画像:『羅生門 デジタル完全版』角川映画

 かつて、小説家・芥川龍之介は、『今昔物語集』に残る逸話を基に、その著作である小説『羅生門』で、死体から髪を盗んで生業とする老女の姿を描いていた。だが、かつて、京の都が荒みに荒んでいた頃、死人の髪と同様に、常時では考えられぬ需要が生まれていた。それは、生後間もない嬰児の亡骸である。

 以前、世界各地の権力者たちが、幼児の性器から切除した包皮を好んで食していたという内容をご紹介した。(※【世界の奇習】割礼した幼い性器の包皮を食す―永遠の美と不老長寿を求めて)その時にも触れたが、嬰児が持つ生命力に魅了される形で、不可思議な行為を密かに行っていた者は、洋の東西を問わず意外と多く存在していたようだ。しかし、彼らの中には、そうした目的とはまた別の意味合いで、乳幼児の肉体を求めていた者も存在していたのだ。それは、その柔らかき肉体が、性的な快楽を得る上で、この上なく適したものであると感じていた人々である。

「現存する史料に乏しいため、正確な部分については不明な点も少なくないのですが、私は確実に“あった”と考えています」

 かつて平安貴族たちを中心に未曾有の大流行となったとされる“ある秘せる儀式”についてそう語るのは、歴史研究家・山種昭三氏(仮名・78)。彼は以前、定説を無視してまで半ば強引に持論を展開し、学会における地位を失った過去を持つ。氏が研究したところによると、今を遡ること900年以上前の1050年頃、京の貴族たちの間では、嬰児の亡骸を密かに買い入れては、それを性的な欲求を満たすために利用する者が続出した時期があったのだという。

「さる筋の傍流にあたる高貴な方が遺した書物によると、生後3カ月くらいまでの女児の性器は、まるで淡雪のごとく、柔らかき感触であるとのことなのです。またこれは別の史料から少しずつわかってきたことなのですが、ある時、京の北西部にある某寺の僧が、さる雅な血筋の赤子の遺体を弔う際に、なんの好奇からかは知る由もありませんが、その女性器に、自分の指を一本入れてみたそうです。

 すると、今まで感じたことのない感触に驚いたというんです。それで、その僧は仏罰が当たることを百も承知で、その嬰児の屍を抱き寄せて行為に及んでしまった。けれども、その行為の最中に見張りの者に見つかってしまい、彼はその場で斬られてしまうんですね。でも、切断されたその首は、とても恍惚に満ちたような表情を浮かべていたとか…。本当か嘘かはわかりませんが、もしかする当時、こうした逸話に尾ひれがついて、あのおぞましき習慣が広まったのではないでしょうか」

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年5月 3日 15:35 | 返信

前半では「密かに買い入れていた」とあるのに、筆に興が乗ったのか、「バブル」だの「列をなして待つ」だの、おおっぴらな話になってしまっている。
記述は一貫させるように。

2:匿名2016年2月 7日 02:21 | 返信

貧すれば鈍する。。。このライター、よほど困っているんだねぇ...。

1:匿名2016年2月 4日 13:21 | 返信

仮名の研究者が「さる筋の傍流にあたる高貴な方が遺した書物」とか「別の史料」とか参照元を明記出来ない時点で信ぴょう性まるでなし。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?