• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

保存

,

家族

,

親子

,

遺体

,

高夏五道

 不気味なことなのか、それとも哀れな物語なのか。60歳になる、中国重慶市の黄陵村に住むティアン・シュエミンさんは、病気で亡くなった息子の亡骸を埋葬することができず、自宅の冷凍庫に6年間も保存していたことがわかった。


■遂に手に入れた幸せな家庭だったが…

keepsbodyofson1.JPG
Daily Mail」の記事より

 重慶市の片田舎で、親族6世帯とともに泥でつくられたみすぼらしい家に住んでいたシュエミンさんは、1979年に結婚し、それを機により良い生活環境を目指し、都市部への出稼ぎ稼業に励んでいた。大工としての腕がよかった彼は、その後収入が増え、生活も安定していった。

 1982年に長女を、1987年には長男を授かり、家族と過ごす時間を増やすために出稼ぎをやめ、生まれ育った村に戻り、村一番の3階建ての新居を構えるほどになった。シュエミンさんにとって、家族と過ごす幸せな時がやってきたのだ。

 しかし、幸せな時は長くは続かなかった。ある暑い夏の日、長女が街へ買い物に出かけた。1時間半ほどで長女は戻ってきたが顔色が悪い。彼女は、心配ないと言っていたが、1時間後に裏庭で倒れていたところを見つけられた。もう、息もかすかで医者が到着したときにはすでに手遅れだった。彼女はそのまま息を引き取った。

 残されたシュエミンさんは、悲しみと、顔色の悪かった娘を気遣えなかった悔しさに押しつぶされそうにもなったが、時間がそれをゆっくりと癒やしていった。しかし9年後、娘を失った喪失感から、少しずつ立ち直り始めたとき、第2の悲劇がシュエミンさんを襲った。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。