>  >  > 【超・閲覧注意】11年間、顔をバクテリアに食べられ続けた男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

バクテリア

,

三橋ココ

,

人喰い

,

奇病

,

皮膚

,

難病

,

※2ページ目に一部の読者にとっては非常に刺激の強い画像を掲載しています。閲覧は自己責任でお願いします。

 TOCANAでは以前、「顔面を食い尽くされた人々!! 人喰いバクテリアの恐怖」や「恐怖の人食いバクテリア『A群溶血性レンサ球菌』と闘う不屈のビッグダディ」といった記事で、人喰いバクテリアに侵された人々の話をお伝えしてきた。

 今回お伝えするのは、ホーチミンに暮らすフイン・バン・ダットさん(51歳)だ。彼は、人喰いバクテリアに顔を11年前から食べ続けられ続けている。

 実は少し前に、彼の症状は本サイトでもお伝えしたのだが、詳細な情報が入ってきたので、いまいちど紹介したい。


■顔の半分以上が大きな“穴”に!

 ダットさんの妻によると、ダットさんの身体の不調は11年前から始まった。まず1日に2~3回も鼻血が出だしたと言う。そして次に症状は目に進み、常に涙が出るようになった。ダットさんは地元サイゴンの病院に検査に行き、医者から鼻中隔に問題が有ると言われ鼻の手術を受けた。

 しかし手術を受けても症状は一向に変わらず、1年後には口蓋部分に穴が開き、水を飲むと鼻に回るようになってしまった。その上、数カ月で穴はどんどん大きくなり、ダットさんは鼻の骨を修復するための手術を再度受けたが、何の役にも立たず彼の症状は進行する。しかし、それ以上の医療費を払えないため、退院して漢方薬に頼ることにした。

※2ページ目の閲覧は自己責任でお願いします。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年11月23日 08:52 | 返信

側頭部を侵されている画像の人と
動画の人は同一人物なの?
ということは側頭部の患部は数年で治ったってこと?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?