>  > 雄から雌へと性転換する樹齢五千年のニューハーフ樹木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1511_fortingallyew_01.jpg
フォーティンゴールのイチイ「Wikipedia」より

 クマノミやキンギョハナダイをはじめ、海中の生き物はサンゴ礁に住む魚類を中心に、約300種類が性転換をするという。これは過酷な生存競争を生き抜くためであり、同時に効率よく子孫を残す術としての進化だ。ただし、あくまで海での話で、陸上ではごく一部の限られた生物にしか性転換は見られない。しかし今、植物学者が「古木が雄株から雌株へ性転換しつつある」と発表し、世界中を驚かせている。

 スコットランド、パースシャーのフォーティンゴール村の教会敷地内に生えるヨーロッパイチイの古木。“フォーティンゴールのイチイ”の名で知られるこの古木は、新約聖書にイエス・キリストの処刑に関与した総督として登場するピラトが、生まれ遊んだ木という説が囁かれ、地元では伝説にもなっているとか。それだけ歴史のある木ということで“イギリス最古の木”という可能性もあるようだが、樹齢の憶測は専門家により1,500年~5,000年とさまざまだ。

 ところが、雄株と確認されていたそのイチイの古木が、最近になり実をつけ始めたのだ。発見したイギリス・エディンバラ王立植物園のマックス・コールマン氏は、極めて稀なケースとし「異常現象であり、十分に解明されていない」と語った。また、「環境ストレスによる、ホルモンのような化合物のバランスの変化で、性別の転換を引き起こしている」とも考えているようだ。しかし「見たところ健康で、今後の変化について詳しく観察中」ということなので、解明が待たれる。

コメント

1:匿名2015年12月15日 06:20 | 返信

生きていることの証明でもあり、生きようとする強さと知恵も感じる。植物は偉大だな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。