>  >  > 「そっくりやん!」マイク眞木、水戸黄門の末裔説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1511_mikemaki_01.jpg
※イメージ画像:『ありがとう-心のバラ-』日本クラウン

 ダンディな白髪と髭がトレードマークのマイク眞木(71)が、あるテレビ番組の検証により、偉大な歴史上の人物の末裔だという事が判明した。しかも誰もが一度は見たことがあるだろう人物なだけに、お茶の間からも厳しい検証が入ったようだ。

 俳優姿が目に浮かぶ人も多いだろうが、実は歌手としてデビューしているマイク。まだまだ髭も生えておらず、髪も短髪で黒かった1966年に「バラが咲いた」で一世を風靡した。その後も音楽活動を続けつつ、俳優業にも進出。『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)などのドラマで、渋いが心優しいおじさま役を演じてきた。一方、私生活の方では、妻が(元妻を入れて)3人、子供は5人、孫が6人いる。うん億円とも言われる莫大な資産を持っているマイクだが、誰にいくら残すかが悩みどころらしい。

 現在は赤坂と千葉の九十九里に自宅を持ち、そこを行き来して生活しているという。しかし一方では物作りの達人でもあり、楽器やインテリア雑貨のみならず、千葉の自宅のリフォームや、山梨のログハウスなども自分で作ってきたというから驚きだ。

 そんなマイクが、今月2日に放送された『私の何がイケないの?』(TBS系)で、マイク眞木のある噂が徹底検証された。それは、あの紋所でお馴染みの水戸黄門(徳川光圀)の末裔説。なんでも、眞木家に伝わる木箱にある家系図によると、江戸時代に水戸藩に仕えた武士の一族であり、先祖の眞木景信が、徳川光圀の妹と結婚したのだという。

 番組スタッフが茨城県は水戸市に向かい、墓地を訪ねたところ、確かに眞木家の墓を発見。しかも、家老に次ぐ身分の高い家臣と判明。さらに徳川家の系譜を歴史館で調査すると、眞木の名前が出てきたのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。