>  >  > 「女はみんなバイかレズ。ストレートはいない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

レズビアン

,

同性愛

,

瞳孔

,

NeverStraight_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 現代において、人間がさまざまな性的指向を持つ存在であることは、生理学的にも自明の理となっている。宗教や文化、そして歴史的背景から、「同性愛」をはじめとする一部の性的指向が容認されない場面もまだまだ残ってはいるものの、世界の流れとして、各自のありのままの姿を認める動きは今後も一層広がっていくことだろう。そのようななか、

「女性はみんなバイかレズ。ストレートなんていない!」

 女性の性的指向に関して、このような研究結果が発表され、欧米のメディアが沸き立っている。これまでの常識を大きく揺り動かす、驚くべき主張の詳細についてお伝えしよう。


■あなたの体は正直に性的指向を物語る

 英紙「Telegraph」によると、今回の最新研究を指揮したのは、英・エセックス大学心理学部のゲルルフ・リーガー博士だ。研究チームは、被験者である女性345人に、魅力的な男性と女性の裸体映像を見せ、彼女たちがどのような反応を示すか調査した。正確を期すため、(沸き起こる性衝動が表れる)瞳孔の広がり具合も計測されたという。

 するとレズビアン(同性愛者)の女性は、当然ながら魅力的な女性の裸に強く惹かれることが判明、男性の裸にはほとんど興奮しなかった。しかし、驚くべきはストレート(異性愛者)の女性が見せた反応だった。たとえ「自分は男性にしか興味がない」と宣言している女性でも、ほとんどが男性の裸だけではなく、なんと女性の裸にさえ強く惹かれていることが明らかになったのだ。本人は自覚していなくても、体は正直に反応しているというわけだ。

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

コメント

3:匿名2015年11月 9日 10:22 | 返信

ちなみにこれ以外に研究結果にも出てるがゲイは女の裸見ても親の裸見るのと同じで全く発情しない。女の場合好色モンキーなんだろうな(笑)

2:匿名2015年11月 8日 23:31 | 返信

ボーボワール(女性)なんかは"女性"という性別は存在しない。
"女性"という性は男性のために作られると豪語してますしね。
こんなの今更な話な気がしますが。

1:匿名2015年11月 8日 22:56 | 返信

これジェンダー問題の話なんじゃないの。
「生まれながら」だったらまだしも、そうかどうか判断もついてない状態でこういう広め方するのはどうかと。
これって「何故性の象徴がマリリンモンローなのか?」って言う
つまり、なぜ性の象徴が女性なのか?って言う話だと思う。
それは男性の価値観を基盤にしてるからで、「女性は性的なものだ」「女性の裸は美しい」って言う文化で育ったからじゃないの。
例えば仮にだけど、女性だけを幼少期から裸で育て、男性の裸はあまり観られないようにし、「男性の体は性的なものだ」「男性の体は美しい」って教え育てた場合、同じ反応になるのかってこと。
元々の先天的なものより、文化と環境によって後天的に作られた影響が全然否定出来ないと言うか、むしろ女性の性の商品化がどんどん進んでる現代社会をみてれば、そっちの影響の方が強いと思うんだけど。
「わかる、わかる」って共感してる人多いけど、それは現代の価値観で育てられてるからわかるのも当たり前の話で。
単純に、男性の価値観の上で世の中が成り立ってるって言う、そう言う話であって祭りのように騒ぐ話ではないと思うんだよなぁ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。