>  > 帰宅したら住居が取り壊されていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
手術後に帰宅したら住居が誤って取り壊されていた事件が発生!

アメリカで年配男性が手術を終えて帰宅したところ、自宅がなんと取り壊されてしまっていたという事件が起きたようだ。手術のために昨年12月から自宅をあけていたこの69歳の男性が帰宅したところ、自宅が跡形もなく消えていてしまったというこの男性は「私の所持品、むしろ持っていたものはすべてなくなってしまいました。手術を受けに家を出て、帰ってきたらすべてがなくなっていたなんて誰も思いもしないですよね」とその驚き...