>  >  > 元AKB48・川栄李奈“大出世”朝ドラデビューの裏側!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1107kawaei_main.jpg
※イメージ画像:『川栄李奈オフィシャルブログ』より

 8月にAKB48を卒業した川栄李奈が、来年4月から放送のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(主演・高畑充希)への出演を決めた。11月5日付けの『サンケイスポーツ』によれば、オーディションで存在感を発揮し、キャストの座を獲得したという。6日には出演者発表会見にも出席し、仕出屋のひとり娘を演じることも明らかになった。ピエール瀧と平岩紙の娘役ということで、CMにちなんで「私は『ファブリーズ』の子どもになるんだ」とおもしろコメントも飛び出した。

 AKBのOGが朝ドラに出演するのは川栄が初めてで、前田敦子や大島優子ら多くの先輩たちも成し遂げられなかった“大抜擢”。だがその裏で、ある芸能事務所の関係者たちは、川栄の出世を悔しがっているという。

「川栄はAKB48卒業にともない、AKSから沢尻エリカらが所属するエイベックス・ヴァンガードに移籍しました。AKBのメンバーは、最初のうちはAKSに所属し、その後はほかの事務所に移籍するというケースが多い。川栄の事務所移籍についても、2~3年前から各所で話題になっていたんですが、実は当時、太田プロ入りが既定路線だったんです。川栄にとっては、仲の良い横山由依や入山杏奈も所属していることもあり、12年に『指原莉乃 with アンリレ』の一員として活動していた頃から、移籍は間近だと思われていました。しかし、当の川栄本人が太田プロ入りを拒んだと聞いています」(AKS関係者)

 前田敦子、大島優子、指原莉乃と、歴代総選挙1位の大物メンバーが3人も名を連ねる太田プロは、秋元康総合プロデューサーとの関係も深く、いわゆる“ゴリ推し”のレールに乗るには最高の環境だ。それにもかかわらず川栄が移籍を拒否した背景には、芸能界全体を見渡せる彼女の“頭の良さ”があったという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。