>  > 被差別部落の古地図は公開すべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

亞書

,

国会図書館

,

平田宏利

ThinkstockPhotos-452711871.jpg
画像は、Thinkstockより

 今年に入り国会図書館に“謎の本”が大量に納本されていることがわかった。個人によって運営される、りすの書房が発行する『亞書』と名付けられたシリーズ本が、今年に入り78冊納本されている。

『亞書』はギリシア文字などがランダムに印刷されたもので、文章としての意味をなさない。今年の2月から発行され、現在までに112巻が刊行されている。1冊の価格は6万4800円である。朝日新聞による発行元への取材によれば、大手通販サイトAmazon上で販売されていたものの、1冊も売れていないという。

 国会図書館には納本制度という仕組みがあり、図書などの発行者に納入を義務付けている。納入者に対しては、代償金として定価の5割と送料が支払われるため、『亞書』は、代償金制度を利用した金儲けではないかと指摘する声も多い。

1106ashoasho_main.jpg
※イメージ画像:Amazonで販売されていた『亞書』(現在、削除済み)

「納本制度の対象となるのはすべての出版物です。商業的に売られたもの以外でも、フリーペーパーや、印刷製本された同人誌なども納本制度の対象です。納本制度は一般流通に乗らない出版物を網羅的に集める目的もあります」(図書館に詳しいフリーライター)

 納本制度は、発行者に課せられた“義務”である。守られない場合は、発行者に当該書籍の五倍までの過料(罰金)を処する規定もあるが、現在までに適用された例はない。

 納本制度の対象となる出版物は、DVDやCD、ゲームソフトなどの電子出版物も含まれる。そうなると、定価は言い値でもOKなのだろうか。例えば200万円の商品を納入し、100万円を受け取るといったことも制度上は可能となる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。