• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

仲田しんじ

,

体罰

,

動画

,

学校

,

教育

 スマホの普及でこれまでは秘匿されてきた現場の光景が投稿動画となって世に知られるようになっている。学校関係者や学校に通う子どもを持つ親にとって特に見過ごせないのが教師による「体罰」の実態を収録した動画だろう。


■フルスイングの“けつバット”で阿鼻叫喚の体罰

 高校の男子バスケットボール部で顧問が常習的に行なっていたという部員への体罰の模様を綴った動画などをはじめ、これまで当事者しか目撃することのなかった光景が“体罰動画”となってネットを賑わせているのはご存知の通りだ。そして先頃ネットに投稿されて「これは惨い!」と世間を騒がせているのが、カザフスタンのイスラム教系の学校で行なわれた体罰動画だ。

カザフスタンの学校の体罰 動画は「YouTube」より

 冒頭からまさに“けつバット”さながらに1メートル半はあろうかという太い木の枝ような棒で4人の生徒の尻から背中、さらに太腿の裏をフルスイングで引っぱたき、怒声をあげながら叱責する教師らしき男の体罰の模様が展開。堪えきれず床に倒れ込んでしまってからも容赦なく打撃は続き、つい避けようと身体を動かしようものなら激怒してさらに力を込めた打撃で打ちのめす壮絶な体罰には目を奪われるばかりだ。

 罰せられている生徒たちがどんなことをしたのか、どうやってこの動画が撮影されて流出したのか、詳しいことはわからないが、常態化してるとは言わないまでも教師の動作などを見ても決して稀にしかないことではなさそう見えるがいかがだろうか。


■次々と投稿される“体罰動画”

 このニュースを報じた「Daily Mail」ではこの他にもここ最近に投稿された“体罰動画”を紹介している。

 今年10月には、ルーマニアのトゥルチャ県の学校で、黒板に書いた文をノートに書き写すのが遅い生徒に激怒した女性教師が、クラスの他の生徒たちがいる前で何度も頬を平手打ちする模様が密かに撮影されてネットに投稿された。

ルーマニアの学校の体罰 動画は「YouTube」より

 許しを請う生徒に構わず教師は容赦なく6回、平手で頬を強打している。また、この同じ日に別の生徒もこの教師に携帯電話で叩かれたということだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。