• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

バクテリア

,

奇病

,

清水ミロ

,

義足

,

難病

,

髄膜炎

 有史以前から人類の病気の大部分を占めてきたとも言われている感染症。感染症に罹患し、命を落とさないまでも身体に痕を残すことも多い。10月23日付の「Daily Mail」にて掲載されている記事を元に感染症の一例を見ていただこう。


■乳児を襲った恐るべき感染症とは!?

foxhillbaby1.JPG
恐怖の感染症から6カ月後のハーモニーちゃん 画像は「SWNS TV」より

 イギリス、ロンドンから車で約3時間程に位置するフォックスヒルに住む夫婦のひとり娘、ハーモニー・ローズ・アレンちゃん(2歳)には四肢がない。

 昨年9月、ハーモニーちゃんの両親は娘が夜中に咳き込み、呼吸ができなくなるという異変に気付いた。両親はそのまま地元の病院へハーモニーちゃんを連れて行ったが、医師は深刻な問題はないとして帰宅させた。

 しかし翌朝、両親は顔が真っ青になった娘を見て再び同じ病院へ駆け込んだが、医師は「やはり問題はない」と告げて帰宅させてしまう。その1時間後、自宅で昏睡状態におちいるハーモニーちゃん。両親は彼女を連れて三度目の病院へ急いだ。その時点で身体には小さな発疹が見られたのだが、僅か4時間後には身体全体が紫色の発疹で覆われていたという。細菌が血液に混入し、炎症を引き起こす「髄膜炎」だった。

「看護師たちは目まぐるしく動き、娘の病室はすぐに医師たちでいっぱいになりました。娘の発疹は濃い紫色で頭から爪先まで覆われていましたが、腕と脚はもはや発疹ではなく、肌そのものが紫色になってしまったようでした。その後集中治療室へ移され、私はそこで何が起こっているのか1時間後まで知らされませんでした。眠っている娘の病室へ入るのを許された時に見たその姿は以前よりもさらに多くの発疹に覆われ、この時に改めて娘の症状が深刻なのだと気付いたのです。医師はこのままいけば娘は鼻も失うだろうと言いましたが、それは娘が生き延びれば、という話で医師は回復は難しいと首を振りました」(母親のフレイアさん)

 以降、ハーモニーちゃんは10回の手術を受け、感染していた鼻の先端と四肢を医師の強い勧めにより切断した結果、危険な状態を脱したのだ。

foxhillbaby2.JPG
術後のハーモニーちゃん。繋がれた管と発疹の痕が痛々しい 画像は「Daily Mail」より

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年9月15日 23:37 | 返信

子供が細菌性髄膜炎にかかって生死をさまよった事があるけど、記事の症状とは全く違うからピンとこない。髄膜炎で発疹が出たり紫色になったりする症状もあるのかな?

1:匿名2015年12月18日 01:24 | 返信

細菌が血液に入るのは、髄膜炎ではなく、敗血症だと思うけど?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。