• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
616.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

■不吉な数字、実は「616」だった!!

 不吉な“獣の数字”といえば、即座に「666」を思い浮かべる読者も多いのではないだろうか? 事実、この「666」という数字は、陰謀論において頻繁に登場する。

 ところが、昨今の聖書研究で驚愕の事実が判明した。なんと、オクシリンコスの遺跡(エジプト)から発見された『ヨハネの黙示録』の紙片を最新の写真技術で解析した結果、実際には“獣の数字”は「616」と書かれていたのだ。では、なぜ「616」が獣の数字なのだろうか? この点についてイギリスの聖書研究家デヴィッド・パーカー教授は次のように答えている。

「これは典型的なゲマトリア(数字置き換えの暗号)の一種です。当時のキリスト教徒たちは、彼らを迫害していた人物の名を数字に置き換えて聖書の中に暗示していたわけです。616は、そのままローマ皇帝カリグラを示しています」

 この発見によって、今まで「666」を“獣の数字”として用いていた悪魔崇拝者たちは、今後「616」を使うように改めるそうだ。米・ニューヨークのサタニスト教会の教父ピーター・ギルモア氏は、次のように語っている。

「666というのは、我々がキリスト教徒を畏怖させるために用いてきた数字です。もしも数字が616だったのなら、もちろん我々はそれを使う」

 陰謀論によると、これまで秘密結社「イルミナティ」は、何か重要な事件を起こすタイミングを6+6+6=18と因縁が深い日時に合わせてきたというが、今後これが変更になるのだろうか?


■聖書が示す“獣”はウィリアム王子か!?

 さて、『ヨハネの黙示録』によると、「616」の“獣”が出現すると、恐るべき世界の終末「ハルマゲドン」がやって来るという。この“獣”が何者なのか非常に気になるところであるが、陰謀論者の間では、とある人物が浮上しているようだ。なんとそれは、妻のキャサリン妃の出産などで華やかな話題に満ちている英国王室のウィリアム王子だという。

コメント

2:匿名2016年4月29日 15:42 | 返信

ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。

すげぇなw

1:毛玉2016年1月30日 17:58 | 返信

じゃあやっぱりユダッちの福音書が一番正しいじゃん笑

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。