>  >  > 【診療報酬詐欺】しあつ野郎、家賃50万円以上の高級マンション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

しあつ野郎

,

診療報酬詐欺

yoshimoto1109.jpg
吉本興業公式サイトより

 芸能界を巻き込む診療報酬詐欺事件で、一躍渦中の人物となったのが無名芸人のしあつ野郎だ。今月6日、偽の患者を使い医療機関などの診療報酬を不正に受け取っていたとして、指定暴力団住吉会系組長らが詐欺の疑いで逮捕された。その際、ニセ患者役の芸人十数人を集めていたのが、しあつ野郎だった。

 芸歴15年目の中堅で、芸名は得意の指圧に由来。オール巨人、ジョン・カビラなどの物まねで知られる。捜査関係者によると、しあつが指圧に関わる資格を取りたがっていたところ、知人から「資格の勉強もできる」と接骨院を紹介され、受診。その際、接骨院側が「宣伝にもなるし、芸人仲間を紹介して」と依頼し、しあつは求めに応じ複数人を紹介したという。いずれの芸人も接骨院側から数千~1万円の報酬を受け取ったとみられる。

 しあつは「紹介はしたが、そのことでマージンは受け取っていない」と仲介役を否定している。だが、周辺を取材すると、無名芸人とは思えない生活を送っていたことが明らかになった。住まいは東京・目黒区の高級住宅街にある低層マンションで、家賃は最低でも50万円以上。

「過去には『雨上がり決死隊』宮迫博之さんや宮川大輔さんなども住んでおり、ここに住むとブレークするということで芸人の間では“成り上がりマンション”と呼ばれていた。しあつのせいでその伝説にも終止符が打たれたことで、別の意味で衝撃が走っている」(お笑い関係者)

 社会部記者は「そもそも彼が家賃50万円以上の高級物件に住んでいること自体、不自然。本人は(仲介による)マージンは受け取っていないと言っていますが、額面通りには受け取れません」と話す。

 今回の事件には数百人が関与していたとされる。全容解明の日を待つしかない――。

関連記事

Recommended by logly

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。