>  >  > 『学校へ行こう!』はヤラセの温床だった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1111gakkou_main.jpg
※イメージ画像:TBS系『学校へ行こう!2015』番組情報サイトより

 TBSの人気バラエティ番組だった『学校へ行こう!』が7年ぶりに復活した。出演者のV6をはじめ、校長のみのもんたのほか、渡辺満里奈、紗栄子、夏帆といった歴代出演者も集まった。「B-RAP ハイスクール」や「未成年の主張」など名物コーナーの出演者の現在が放送されるなど、同窓会モードで番組が進んだ。

 だが、『学校へ行こう!』といえば同時期に放送されていた『ガチンコ!』と並んで“やらせ疑惑”が根強くある番組として知られる。

「人気コーナーのひとつであった『未成年の主張』は、いしだ壱成が主演したドラマ『未成年』のラストで、学校の屋上から思いのたけを叫ぶ場面から作られたコーナーです。学校生活への不満や、未来への抱負、愛の告白など、学生らしい主張がありましたが、これには台本があるのではという疑惑が根強くありました。何より、素人があそこまで明瞭に話せるのか、という疑問はありますし、事前の練習などはしているでしょうね」(業界関係者)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。