>  > 鈴木京香&長谷川博己だけじゃない、年下男との「年齢差芸能人カップル」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1113hasgawa_main.jpg
※イメージ画像:『セカンドバージン スタンダード・エディション』アミューズソフトエンタテインメント

 先日、鈴木京香(47)と長谷川博己(38)のツーショット写真が『女性セブン』(小学館)にてスクープされた。年の差が11歳との事で年下男をつけ狙う世の独身熟女たちの中にははこのニュースに「あわよくば自分も」と淡い期待を寄せた者もいるのではないだろうか。今回は芸能界でも交際発覚時に話題となった、年の差カップルを3組ほど紹介したいと思う。


■13歳差!ほしのあき(38)・三浦皇成(25)

 2000年代、グラビア界の女王として君臨し、『クイズ!ヘキサゴン』(フジテレビ系)を皮切りにバラエティー番組などでも大活躍を見せたほしのあき。そんな彼女が結婚したのは2011年の暮れになる。お相手は当時22歳で、新人年間最多勝利記録を更新するなど競馬界のホープとして注目されていた三浦皇成騎手だった。

 騎手とグラビアという接点がないように思えるふたりの交際は、年の差が13歳もあったことも手伝い、世間から多くの注目を浴び、また年上のほしのに関しては、年下男をメロメロにしたやり手だと話題となった。

 ふたりが知り合うきっかけとなったのは、ほしの本人が司会を務める競馬情報番組『みんなのウマ倶楽部』(フジテレビ系)の企画だという。番組の企画でほしのが競走馬に名前を命名することなり、「ハシッテホシーノ」と名づけ、レースに出馬させた。そのときに同馬に騎乗したのが三浦だったそうだ。これをきっかけにふたりは急接近し、後に三浦がレースで100勝を達成した際、ほしのが「祝賀会を開こう!」と積極的にアプローチを行い、親密な仲になっていったという。

 13歳と年が離れているが、ほしのの献身なアプローチが三浦の心を動かしたようだ。しかし、結婚当時から時間経つにつれ熱も冷めたのか、一部メディアでは現在ふたりは別居状態であり、三浦は絶賛不倫中とも報じられている。

 やはり、美貌で若い旦那をゲットしたグラビアアイドルといえども、寄る年波には勝てないのだろうか…。


■11歳差!菊地凜子(34)・染谷将太(23)

 染谷将太は、『ヒミズ』『悪の教典』で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど現在、映画界で引っ張りだこになっている若手俳優だ。そんな彼が結婚を発表したのは今年の1月と目新しい。お相手はハリウッド映画『バベル』にてアカデミー助演女優賞にノミネートされた経験を持つ菊地凜子。年の差は11歳と離れているが、演技派であるふたりはお互いに独特の雰囲気を放っており、ネット上でも『お似合いの夫婦』などと評されることもある。

 そんなふたりが出会ったきっかけは映画の撮影現場などではなく、共通の友人からの紹介だという。友人を介して出会ったふたりはすぐにお互いの性格に惹かれあい、2014年に交際をスタート。そしてわずか一年の交際期間で結婚に至った。現在も結婚生活は順調で、お互いのことを尊重して日々を送っていると伝えられる。来年に妊娠発表もあるかも!?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。