>  >  > 【閲覧注意】沈黙の塔と ゾロアスター教の聖なる儀式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

※2ページ目は閲覧注意です

 ゾロアスター教は紀元前六世紀頃のペルシャの予言者ゾロアスターを開祖とする、世界最古の一神教といわれている。祭壇に祀られた火を崇めることから、またの名を「拝火教」ともいう。ゾロアスター教、名前からして謎めいた印象があるが、「フヴァエトヴァダタ」と呼ばれる自分の親、子、兄弟姉妹と交わる最近親婚を最大の美徳とする教えなど、現代からすればちょっと風変わりな宗教のようにも感じられるものの、いまだ約10万人の信者が存在しているといわれている。

 ゾロアスター教では、古来より続いてきた「鳥葬の儀式」が今でも受け継がれている。それが沈黙の塔(Tower of Silence)とにてとり行われるのだ――。

■現代にも残る鳥葬の儀式

silentto1
画像は「Wikipedia」より

 人間の死体を不浄のものとしていたゾロアスター教において、聖なる火で死体を焼くことはタブーである。母なる大地が与えてくれた「水・風・火」といったものを神聖なもの捉えているゾロアスター教は、遺体に不浄がもたらされることなく葬送するために「鳥葬」こそが最善だと考えていたのである。鳥に死体を与えることは人生で最後の功徳とされた。そして、死後の肉体には神が宿っているため、不浄なものと混じらぬように「沈黙の塔(Tower of Silence)」と呼ばれる施設を山の高台などに作り遺体を並べるのだという。

 現在では衛生的な問題から鳥葬が禁止され、大半のゾロアスター教徒も土葬を取り入れているが、インド・ムンバイにおいては今だに「沈黙の塔」が使われているそうだ。

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年5月30日 15:54 | 返信

近親婚はいまも続けられているようです。私の友人(南インド人)は知り合いにそうしたことを日常的に行っている者がいると言います。母親との間に2人の子を持ち、その子らとも性交して3人の子を持ち、さらにその子らとも性交していると言います。周囲の人々はその人を英雄視しているのだとか。

2:匿名2016年4月 9日 10:47 | 返信

汚い部分を覆い隠す事なく、ありのままを最大の美徳とするとても潔い宗教ですね。
まぁ入る気にはなりませんが

1:匿名2015年11月21日 02:16 | 返信

服着せたまま弔うのね…

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?